FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(2月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
一昨年の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
2009.02.28ポンポン山の福寿草
↑ 高槻ポンポン山の福寿草(藤目俊郎氏撮影)

今年も、はや二月になりました。 
「二月は逃げる」と言われて早く経ちます。

 花散れば花を忘るる人間の悲なるやヒロシマののちのフクシマ・・・・・・・・・・馬場あき子
 村の名の一つ消えたる被災地にうぶ声乗せて外は雪降る・・・・・・・・・・・・・・辺見じゅん
 怒りすらかなしみに似て口ごもる この国びとの 性を愛しまむ・・・・・・・・・・・岡野弘彦
 誰が前世あるいは後生 穏やかな冬日を浴びて目つむる老猿・・・・・・・・・・・・・ 三井修
 やわらかに陽はさしているつちのうえ母さんぼくのぼくの骨だよ・・・・・・・・・・・福島泰樹
 暁闇のもの音の無き真暗闇ひとり覚めゐついつもこのままよ・・・・・・・・・・・・・・ 宮英子
 人間の命が海にかえるとき風が生まれる光をともない・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 沖ななも
 今は昔 昔をわすれけふを忘れ きのふも忘れ 忘れ雪降る・・・・・・・・・ 山埜井喜美枝
 耐え切れぬ思い然れどもこの先の悲惨場面をもう少し見る・・・・・・・・・・・・・・ 浜田康敬
 老体の一樹の方にめつむればその声透きて野末雪降る・・・・・・・・・・・・・・ 百々登美子
 腸(はらわた)に春滴るや粥の味・・・・・・・・・・・・・・夏目漱石
 雨の中に立春大吉の光りあり・・・・・・・・・・・・・・・・・高浜虚子
 立春のどこも動かず仔鹿立つ・・・・・・・・・・・・・・ 秋元不死男
 われら一夜大いに飲めば寒明けぬ・・・・・・・・・・・・ 石田波郷
 早春の湾パスカルの青き眸よ・・・・・・・・・・・・・・・・・多田裕計
 薄紙に大吉を刷る印刷所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤文香
 火宅無常へ赤煉瓦ひとつ足す・・・・・・・・・・・・・・ 林田紀音夫 
 渡良瀬は利根につづけり柚子は黄に・・・・・・・・・・・・・高島茂
 むめがかや昼寝の猫の耳たてて・・・・・・・・・・・・・・高島征夫
 人生に大寒小寒という睾丸・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 清水哲男
 待春や一樹せり出す水の上・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松永浮堂
 梟の声するあの辺りが昔・・・・・・・・・・・・・・・・・・照屋眞理子
 ふりかけの魚の固きそぞろ寒・・・・・・・・・・・・・・・ 小野あらた
 用もなく人に生まれて春の風邪・・・・・・・・・・・・・・ 山田露結
 夕焼けやウイルスを美しく飼い・・・・・・・・・・・・・・・ 岡村知昭
 齎(たまもの)のごとく小雪や朝寝して・・・・・・・・・・高橋睦郎
 江東区なれば冬草佳かりけり・・・・・・・・・・・・・・・・ 依光陽子
 黒髪に触れ初雪となりにけり・・・・・・・・・・・・・・・・山下つばさ
 宇宙から来たような加湿器が噴く・・・・・・・・・・・・・・福田若之
 しほたれておでんの湯気の当たるまま・・・・・・・・・太田うさぎ
 生きのびてセーターやはり黒選ぶ・・・・・・・・・・・・・渋川京子
 着ぶくれてマストロヤンニふうにハグ・・・・・・・・・・・・ 今井聖
 枯原の中の灯台ならば抱く・・・・・・・・・・・・・・・・・・高勢祥子
 はるばると涸滝に来てしまうかな・・・・・・・・・・・・・ 岡野泰輔
 火を恋ふるとは口笛のとぎれとぎれ・・・・・・・・・・嵯峨根鈴子
 静かでしょうよくないことをしているの・・・・・・・・・・ 久保田紺
 ササキサンを軽くあやしてから眠る・・・・・・・・・・・・・・榊陽子
 あてどころ無くまいもどる風の花・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第五歌集『昭 和』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
一般書店からの取り寄せは、角川書店の配本部門・角川グループパブリッシング発売、と指定されたい。
ネット書店ではセブンネットショッピングLivedoor.Books紀伊国屋書店BookWeb、 楽天ブックスブックメール倶楽部、全国書店ネットワークe-hon でも買えるようになっています。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム

コメント
コメント
こんにちは。
一月は休日がたくさん有ったので、
あっと言う間に二月に。。
そんな風に感じているのですが、
二月も日数は少ない上に休日もたくさんですから・・
気を引き締めて、一日一日を大切にしたいと思います。
まだまだ寒いですし、インフルエンザも警報レベルとのこと。
お体に気をつけて、お過ごし下さいね。
今月も宜しくお願い致します。
by aki
2013/02/01(金) 17:25:21 | URL | kaboとaki #- [ 編集 ]
二月です
二月です。
春も近いです。春が特別良いわけでもありませんが
寒い日が続けば暖かい日が欲しいのは俗人の常です。

・・・ば・・・春遠からじ・・・です。

今月もよろしくお願いします。

2013/02/01(金) 21:56:01 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
こんばんは
早々に2月のご挨拶をありがとうございました。
少しずつ日が長くなり、春の足音も聞こえてきています。
今月もよろしくお願いいたします。
2013/02/02(土) 21:35:14 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
節分ですね
こんばんは!
節分を迎え、ますます春が待ち遠しいですね〜★
最近、思わず桜の木を見上げてしまいます♪
梅もまだだというのに、気が早いですよね…笑
今月もどうぞ宜しくお願い致します。
2013/02/03(日) 19:41:43 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
経済も春なのかな
春よ来い、と思っていたらもう立春です。
少しづつ経済も上向いているようで、日本自体も春の時期になってくれるといいのですが。。。。

今月もよろしくお願い致します。
2013/02/04(月) 00:11:32 | URL | 浮浪猫 #QdS87JAs [ 編集 ]
立春!
2月に入った途端に節分立春と慌ただしく過ぎていきましたが、2月もあっというまに逃げていきそうです。

春は名のみで、明日はまたもや雪予報です^^;

今月も風邪に負けずに元気よく過ごしたいものです。
どうぞよろしくお願いします。
2013/02/05(火) 16:47:27 | URL | われもこう #- [ 編集 ]
そう言えば今年はお店でまだ福寿草見てません。
ただ気が付かなかったのかもしれません。
いつも訪問有難うございます。
2013/02/05(火) 17:50:02 | URL | ぷりんちゃん #YlVPehqg [ 編集 ]
コメント有難うございます。また寒さがぶり返しました。
■kaboとakiさま。
■Tokiraさま。
■シルバさま。
■Tuttiさま。
■浮浪猫さま。
■われもこう様。
■ぷりんちゃん様。
コメント有難うございます。
また寒さがぶり返しました。
ご自愛ください。
では、また。
2013/02/11(月) 10:50:26 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.