K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
草弥の詩作品・新作「原初の美」・・・・・・・・・・・・木村草弥
詩と思想
800px-Wayang_Pandawa.jpg
 ↑ 影絵芝居 ワヤン・クリッの一場面
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

──草弥の詩作品──(76)
 
     原初(もとつはじめ)の美・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

     バリ島
   バリ──朝の露、昼の陽、
   やがて来る濡れたような完璧な闇
   バリ島に舞い下りた神々は贅沢だ
   寺院は花と贈り物に満ちる
   信仰ふかい人々と
   蓮の花のゆっくりした開花と落花のテンポ
   湧く水は渇きを知らず
   大地は全てをつつんでふかぶかと呼吸する
   花々は虫を遊ばせ
   自らの肢体の美しさを見せつけて微笑(ほほえ)む
   バリ──聖と俗との間を行き来する
   原初(もとつはじめ)の美意識の島、花々満ちて
   うねうねと棚田がつづく風景の
   行きつく先はウブドゥの村
   パンダワ王子コワラ王子の争いの
   やるせない物語の影絵芝居(ワヤン・クリッ)
   ガムランの楽に合せて操り師(ダラン)は
   人形つかい語る叙事詩(マハー・バーラタ)を
   人形は水牛の皮と骨でもって
   精緻につくる心の影なのだ

     仏伝図 ─ボロブドール─
   摩耶夫人は不思議な夢を語った、
   アショカの園の昼下りのこと
   釈尊の誕生を予言するバラモン僧に
   感謝の布施をする王と摩耶
   苦行で痩せ細った太子に
   乳粥をさしあげる娘スジャータが居た
   この名に因んで「めいらく」という乳製品会社が
   「スジャータ」コーヒー・フレッシュを売り出した
   怒り、憂いは醜い顔に彫られた
   「悪い顔」(ヴィルパ)の文字を添えて
   禅定とは気を集中し思惟をこらし
   真理を追求(ついぐ)する姿と言う
   釈尊の初転法輪の力によって
   バラモン僧は比丘(びく)になった
   百二十一面目のレリーフの「仏伝図」
   涅槃まで描かれずここにて終る
   第一円壇ま東に向くストゥーパは
   幸運を招くとみな像に手を伸ばす
   たたなわる巨(おお)きな石塊のシルエット
   平原に赤い夕陽が没してゆく
-----------------------------------------------------------------------------
詩誌「詩と思想」2013年8月号に、この私の新作が掲載された。
本日付けで発売となったので、ここに載せておく。
原文はタテ書きである。





コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.