FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
村島典子の歌「花矢倉」35首・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
「晶」81号

──村島典子の歌──(14)

   村島典子の歌「花矢倉」35首・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

      花矢倉           村島典子

   雨あとの地の面に落ちて大きなる鴉の尾羽くろぐろとして
   球根を土に埋めてゐるひとは密議めきをり俯きてをり
   厳冬の地中にいのち育めと数へつつ埋む来る春のため
   なんといふ楽しいひと日柿の木にのぼりて下りて遊びせむとや
   向き合ひて渋柿を剝くもくもくと日ごと数へし二百個がほど
   柿二百個剥きて吊してこの日暮ふゆの暮しの儀式となさむ
   雨にぬれし紅葉黄葉を踏みゆくはかの世へかかる橋ゆくごとし
   足元ゆ雨は降りくる暮れ方といふには早き長等山の峰
   暗きくらき山の石段ふみのぼりまた踏みくだり雨中をゆく
   こんなにも疲れ果てたる日の暮も夕餉つくると立ち上がりたり
                *
   河ふたつ越えてゆくベし人の待つ吉野大淀しぐれてあらむ
   未来すらたちまち過ぎむ窓そとのひつぢ田見つつ運ばれてゆく
   けさの雨やみて川辺にたつ霧の異界へいゆくわれと思へよ
   夜半すぎて屋根に来し雨ざんざんと降れば旅寝のいよいよ淋し
   さくら紅葉散り敷く山へ急坂をみちびかれゆく金峰山寺へ
   山林抖擻するにあらなくひたすらに奧駈みちの登り口に来つ
   まぼろしの声きく喑きまひるまの懺悔懺悔六根清浄
   なつかしき人に会ふごと開扉の奧の憤怒の像にまみゆる
   ことば呑み呼吸を忘れあふぎをり青き憤怒の蔵王権現
   真上よりするどき眼光降りきたりたちまちにして金縛り受く
   まぼろしの花咲く山を思ひみよ人と訣れし日の花矢倉
   紅葉はしみてかなしも尾根に棲む暮しのめぐりしぐれに濡れつ
   しとしとと時雨の音を忍ばせてわれと人とを逢はしめたまへ
   春さればかの世も花の咲くならむ花のもとにて逢はむと約す
   ああわれに歌の師のあり今生にいさかひをせし師のおはしけり
   紅葉するこの世のゆふベまろき碑(いし)やまとくんなか眺め坐しませ
   あしひきの秋野の山はあのあたり背をまもられて青き石文
   老い木なるしだれ桜の冬の枝に雨滴は銀の玉を咲かせたり
   水分(みくまり)のやしろに人の絶ゆるとき桧皮の屋根に月しろかかる
   うぶぎぬの赤子の襦袢月光をあびてゐたらむ子守の社
             *
   独り言つぶやきにつつ橋わたる七つの橋を七たぴわたる
   湯たんぼをふたつ購ふ冬されば温き寝床にふゆごもりせむ
   合図なく逝きたりしひと君らしく死を死ににけむわたしを置きて
   老犬も毛布をかけてねむりたり初冬の雨夜のさびしかりけり
   取り残したる渋柿の実に鵯がきて枝ゆさぶりて一つ落しつ
-------------------------------------------------------------------------
届けられた「晶」81号に載る村島典子さんの歌である。
いつもながら見事な詠いぶりである。 ご鑑賞いただきたい。
なお、これはスキャナで取り入れたので、どうしても文字化けが生じる。 子細に修正したが、まだあれば指摘してください。すぐに直します。
ご恵贈に感謝して筆を置く。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.