FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(7月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
一昨年の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
FI249257_2E未央柳
 ↑ 未央柳(びようやなぎ)

七月になりました。
梅雨が明けたら、輝く夏が始まります。


 眼に見えぬもの 降りやまぬ 何もても見えざるものが 牙を剥くこと・・・・・・・・・・・・・成瀬有
 草の海きみ迷ひなく訪ひ来ませひとを慕へる草々あれど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・水原紫苑
 夕かげの紫陽花嫰葉になめくぢりいたく矮さきがとろりと居たり・・・・・・・・・・・・・・・ 島田修三
 虚しさのかぜはすきまをえらばざり午睡のあとのパソコンからも・・・・・・・・・・・・・・・・・小高賢
 時かけてすきとほるまでもどしゆきはるさめは何の化身だつたか・・・・・・・・・・・・・河野美砂子
 線量は目に見えずして目を穿つ除染されたる樹皮のなき果樹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・篠 弘
 あなどられ幾たび東北は蔑されて送電線なほ首都へ続けり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大口玲子
 わが行きし三十分の異界あり梅雨につつまれ午睡より覚む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三枝昂之
 今年子の目高一匹水底に沈みてをりき蓮の根元に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大河原惇行
 立ちて百日紅坐りては見る千年紅われ息長にその紅を吸ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・春日真木子
 言葉とふ釣瓶おろしてゆつくりといのちの淵の水を汲むべし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橋本喜典
 スナメリの雲ながれゆき地の上に置かれたわれと突然おもふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・福井和子
 つと視野を過ぎし蛍のかの夜よりこの世を夢と思ひ初めにき・・・・・・・・・・・・・・・・・照屋眞理子
 水のような夜のシードルつぎ分けてほのかにあおぐ実視連星・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山下泉
 小野茂樹一歳の娘に与へたる積木で孫の男児が遊ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小野雅子
 かなしからずや殻の中まで蝸牛・・・・・・・・・・・・・・ 山田露結
 防人のありしは昔亀鳴ける・・・・・・・・・・・・・・・・・前北かおる
 初夏の口腔に舌あるばかり・・・・・・・・・・・・・・・すずきみのる
 失敗をつばめのやうに忘れたい・・・・・・・・・・・・・・・藤尾ゆげ
 天の川星踏み鳴らしつつ渡る・・・・・・・・・・・・・・・・生駒大祐
 水打つて工事現場の昼休・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉原祐之
 七夕にこの国あつての願ひかな・・・・・・・・・・・・・・ 高井楚良
 しんがりをしかと歩める熱砂かな・・・・・・・・・・・・・・川奈正和
 風船がわたしの肩へ来てとまる・・・・・・・・・・・・・・・上田信治 
 渋滞のほどけるところ熱帯夜・・・・・・・・・・・・・・・・・大穂照久
 らんちうもシーツの白が眩しさう・・・・・・・・・・・・・・山下つばさ
 万緑や鼻より犬の朝始まる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤幹子
 在来線ホームに風や燕の子・・・・・・・・・・・・・・・・利普苑るな
 つばくろや愛の印として傷は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・村越敦
 新樹光我をつつめば我一樹・・・・・・・・・・・・・・・・・・中塚健太
 炎昼のうごかぬ水とうごく水・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田悦花
 自転車の背中流れに青葉影・・・・・・・・・・・・・・・・・ 神山朝衣
 飛蝗跳んで手の切れさうな緑かな・・・・・・・・・・・・嵯峨根鈴子
 父の巣箱と母の巣箱とわが巣箱・・・・・・・・・・・・・・あかさたな
 朝寝して互ひに旗日生まれなり・・・・・・・・・・・・・・小早川忠義
 新緑に分厚き風のぶつかり来・・・・・・・・・・・・・・・飯島葉一郎
 呼吸そつと汗の後頭部を抱く・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤文香
 さざなみ今もすこしずつ砂になる・・・・・・・・・・・・・・・・・高梨章
 恋愛が模型の丘に置いてある・・・・・・・・・・・・・・・・・福田若之
 岩礁の苔のぬめりの深き夏・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石井薔子
 山の蛾のひとり網戸に体当たり・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山田仁
 あられもなき五体ありけり大夕焼・・・・・・・・・・・・・・・・ 秦夕美
 けふまでのたましひを連れ水遊び・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿 


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第五歌集『昭 和』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
一般書店からの取り寄せは、角川書店の配本部門・角川グループパブリッシング発売、と指定されたい。
ネット書店ではセブンネットショッピングLivedoor.Books、 楽天ブックスブックメール倶楽部、全国書店ネットワークe-hon でも買えるようになっています。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム

コメント
コメント
こんにちは
早々に7月の挨拶をありがとうございました。
こちらは雨があまり降らず、蒸し暑い梅雨です。
やっと夏風邪も治ったので、7月は元気に過ごしたいです。
sohyaさんも、夏風邪には気をつけて下さいね。
2013/06/30(日) 13:42:10 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
2013年が半分過ぎてしまいました。
これから梅雨明けまでが蒸します。どうぞ体調を崩されませんように。
今月も楽しみにしています。
2013/06/30(日) 21:51:41 | URL | デュエット #yq/XTcbA [ 編集 ]
夏がやってきました・・・
おはようございます。

夏です。ワケの分からない夏がやってきたようです。
ナニがあっても不思議でない夏です。

多分秋は来ないのでしょう・・・。
お互い、「急変」には気をつけ、少しでも楽しい時間を持ちたいものです。

今月もよろしく。
2013/07/01(月) 06:39:33 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
早々のご挨拶有難うございます。
スッキリしない天気が続いてます。
気をつけてお過ごし下さいね。
2013/07/01(月) 10:36:42 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
梅雨明けしましたね…
おはようございます。
ご挨拶が遅れてしまいました。
早くも梅雨が明けてしまい、先が思いやられます。。
冬よりも夏が好きなんですけどね(^_-)
お身体ご自愛くださいませ☆
今月もどうぞ宜しくお願い致します!
2013/07/07(日) 08:38:30 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
猛暑です
梅雨が明けた途端に、もの凄く蒸し暑い真夏となりました。この暑さがやってくると同時に母の一周忌・初盆に父の七回忌の法事が終わりましてやれやれの状態です。おかげでご挨拶が遅れました^^;

猛暑となりましたので、ご自愛ください。
2013/07/08(月) 20:59:33 | URL | われもこう #- [ 編集 ]
梅雨明けと同時に、毎日暑い日が続いております。
山梨は連日38℃超え(^_^;)
まだ夏は始まったばかりなのに・・
今月も宜しくお願い致します^^
2013/07/09(火) 17:28:35 | URL | kaboとaki #lMBqkpAs [ 編集 ]
コメント有難うございました。「熱帯夜」の連続です。
■シルバ様。
■デュエットさま。
■Tokiraさま。
■ぷりんちゃん様。
■Tuttiさま。
■われもこう様。
■kaboとakiさま。
コメント有難うございました。
「熱帯夜」の連続です。
もうしばらくすると体暑さに慣れてくると
思うのですが、今が一番苦しいときです。
御身ご自愛ください。
では、また。
2013/07/10(水) 04:58:47 | URL | sohya #- [ 編集 ]
おはようございます。
旅行中はありがとうございました。
早速ブログをチェックさせて頂いてます。

昨日の今頃は北の地で涼しい朝を過ごしていたのに、京都は朝と言えども暑い!暑い!
あの気温がすでに懐かしいです。

旅の疲れが出ませんよう、元気に夏をお過ごし下さいませ。
2013/07/25(木) 05:55:10 | URL | おおつき #- [ 編集 ]
おおつき様、コメント有難うございます。
■おおつき様。
おおつき様、コメント有難うございます。
メールしようとしましたが、ケータイからの
コメントのようで送信できませんでした。
今回の旅の記事はなるべく早く記事にしますので、
覗いてみてください。
では、また。
2013/07/25(木) 07:32:44 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.