FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
光は直進し/あるいは屈折する/卓上に盛られる果実や/…非時香菓・・・・・・・・・・・・・・鈴木漠
鈴木漠
7color-2.jpg

   ──鈴木漠の詩──(1)

        橙・・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木漠

    光は直進し
    あるいは屈折する
    卓上に盛られる果実や
    壜の頸(くび)の丸みのあたりでは
    光は滑降しているようだ
    壜の中に水は あくまで
    透きとおっているのだが
    水はけっして自分自身を
    裸だなどと思わないだろう
    不定形の水にとって
    折々の容器のかたちは
    折々の衣裳であるからだ
    夕闇に囲まれた家庭の
    小さな食卓を
    一顆の灯(あか)りが蜜柑色に照らし出し
    その点灯をまねて 籠の中の
    柑橘の類は香りを揮発させる
    果実のめぐりで 光は
    わずかに彎曲しているようだ
    …一般相対性理論演習
    …非時香菓(ときじくのかくのこのみ)
    光源は ほんとうは何処にあるのか
    これら光は
    何処から来て何処へ消えていくのか
    明滅するすべての存在の
    その末端に連なって
    家族はそれぞれに
    光の劇を眺めている
------------------------------------------------------------------
実は、私は、この鈴木漠氏の詩集『色彩論』(1993年書肆季節社刊)は見ていない。
この詩集はいろいろの「色彩」の色を一つ一つ取り出して詩を構成してあるらしい。
この詩は「橙色」オレンジを題にして作られている。
鈴木氏は近畿大学文芸学部で詩歌論を講じておられたらしい。
ここに引いたのは、村山精二氏の「ごまめのはぎしり」というサイトを偶然ネット上に見つけて、そこに載るものの転載である。
鈴木氏とは私の詩集を贈呈した縁で、塚本邦雄の死去に伴う思潮社発行の月刊詩誌『現代詩手帖』の「特集」に書かれた「押韻芳香領へ」という記事のコピーをいただいたのが発端である。
以下、村山氏が、この詩について書かれるのを引いておく。

 <書名だけは以前から知っていた『色彩論』をいただきました。感激です。さすがに高名な詩集だけに、色彩を操った作品は見事です。その中で、どれを紹介するかは迷うところですが、やはり私の感性に最も合うのは、これでしょう。
硬質な、いい作品ですね。惚れ惚れします。私も興味をそそられている光と水についての、詩人らしい考察。蜜柑と家族との平易に見える組み合わせも、光と水があることによって、まったく違った意味合いに捉えられます。私がやりたかったことを、93年にすでにやられてしまった、という思いです。
 作品としては、もちろん私という個人が書いて、それが残るのが一番いいと思っています。しかし人類という立場に立てば、誰が書いてもいいでしょう。そういう意味で、科学と詩という分野で、この作品が出現したことは喜ばしいことです。後世の批評家がこの作品についてどう判断するか判りませんが、少なくとも私は20世紀の成果と考えています。
 「詩人のための物理学」、「水とはなにか」、「ろうそくの科学」など科学と詩を結ぶ著名な本がすでに存在します。しかし、それらはあくまでも科学という目で書かれたもので、詩人の側からの接近はあまりありません。鈴木漠さんがそれをすでに達成していることに驚き、賞賛を惜しみません。>

この原文にある漠という字が獏になっている誤りのみ訂正しておいた。
一度、この詩集を全部見てみたくなった。
-------------------------------------------------------------------
以上の記事は、実は2008/12/18付けでDoblogに載せたのだが、Doblogが二月はじめに障害を起こし、記事の掲出も取り出しも不可能になっていたのだが、最近、一時的に見られるようになったので、急いで取り出して、ここに転載するものである。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(追記・2011/02/20)
つい最近ネット古書店から鈴木漠の詩集、連句集をいくつか買ったので、本の画像を出しておく。
多くが書肆季節社の制作になるものである。前衛歌人であった塚本邦雄が拠った出版社として知られる。
今から、もう三十数年か四十年も前になるが、この出版社の本を何度か買ったことがある。
政田岑生は懐かしい名前である。

  

コメント
コメント
ドブログの・・・
おはようございます。
chibisaruさんもTweetyさんも、ドブログを更新していらっしゃいます。
まだ、引越し先は決まってないようですが、消息は伝えられますよ。
ドブログは故障が多かったですが、便利な機能もあったなぁと、
つくづく思います。
2009/04/29(水) 09:07:20 | URL | emarch #- [ 編集 ]
お二人の消息教えてください
■emarchさま。
chibisaruさんとTweetyさんの消息を教えてください。
ずっと気になってましたから。
よろしくお願いいたします。
2009/04/29(水) 16:31:36 | URL | sohya #- [ 編集 ]
ドブログに飛んでみてください
sohyaさん、お2人ともドブログを更新されてます。
お2人のページにsohyaさんの現住所^^を残してみてください。
ドブログは本当にアットホームな雰囲気がありました。
私はFC2で更新は続けているのですが、やる気がなかなかわいてこないんです。
2009/04/29(水) 18:28:44 | URL | emarch #- [ 編集 ]
ドブに移転の告知を出しました
■emarchさま。
お早うございます。
昨日、ドブの「ポータル」を覗いてみました。
つい二日前から「編集」機能が復活していたのですね。
私は、そんなに詳しくドブを見ていなかったものですから。
有難うございました。
chbisaruさん、Tweetyさんのサイトにもメッセージを置いて
私の新サイトを知らせておきました。
おっしゃるように、ドブは編集機能も簡単で、何よりも会員相互の
コミュニケーションが抜群でしたね。
まあ、ここも、ぼつぼつ友人が増えてゆくことでしょう。
いろいろと教えてください。
一昨日、阪神電車が奈良まで直通しましたので、友人と奈良の
春日大社の藤(まだ半月早すぎましたが)を見た後、新造の阪神電車の
車両で神戸は三宮まで行ってきました。一時間十五分ほどです。
神戸そごうで昼食を食べて、帰りはJRの「新快速」で京都駅経由で
帰宅しました。
ドブの「告知」を見られたのか、ドブの頃よく見ていた人から今朝コメントが
入っています。
では、また。
2009/04/30(木) 06:52:07 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.