FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
宮崎駿監督作品・映画「風立ちぬ」鑑賞・・・・・・・・・・・木村草弥
poster3.jpg
──映画鑑賞──

     宮崎駿監督作品・映画「風立ちぬ」鑑賞・・・・・・・・・・・木村草弥     

宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」(2008)以来5年ぶりに手がけた長編作。
ゼロ戦設計者として知られる堀越二郎と、同時代に生きた文学者・堀辰雄の人生をモデルに生み出された主人公の青年技師・二郎が、
関東大震災や経済不況に見舞われ、やがて戦争へと突入していく1920~30年代という時代にいかに生きたか、その半生を描く。
幼い頃から空にあこがれを抱いて育った学生・堀越二郎は、震災の混乱の中で、少女・菜穂子と運命な出会いを果たす。
やがて飛行機設計技師として就職し、その才能を買われた二郎は、同期の本庄らとともに技術視察でドイツや西洋諸国をまわり、見聞を広めていく。
そしてある夏、二郎は避暑休暇で訪れた山のホテルで菜穂子と再会。やがて2人は結婚する。
菜穂子は病弱で療養所暮らしも長引くが、二郎は愛する人の存在に支えられ、新たな飛行機作りに没頭していく。
宮崎監督が模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」で連載していた漫画が原作。「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られる庵野秀明が主人公・二郎の声優を務めた。
松任谷由美が「魔女の宅急便」以来24年ぶりにジブリ作品に主題歌を提供。

“楽しい”を原動力に、ジブリヒロイン抜てきの瀧本美織「緊張なんてもったいない」

takimoto6_large滝本美織
 ↑ 菜穂子の声を演じた瀧本美織
「うわあ、すごい人! こんなにたくさんの方が来てくださったんですね」。6月某日、都内で行われたスタジオジブリ最新作「風立ちぬ」の声優発表会見に出席した女優の瀧本美織は開口一番、駆けつけた報道陣の多さに驚きの声をあげた。初の声優挑戦にして、ジブリ作品のヒロインに大抜てき。さぞ緊張しているかと思いきや、終始、はつらつと質疑に応じる姿が印象的だった。晴れて作品が完成し、取材に応じた本人に「プレッシャーはなかった?」と聞くと、「自分が世界中で愛されるジブリ作品に出演できるなんて、素直にすごいなと思うし、いい作品を届けるために精一杯やりたいなって。だから、緊張なんてしていたら、もったいないですよ」と頼もしい言葉が返ってきた。まさに、新たなジブリヒロインの誕生である。(取材・文・写真/内田涼)

映画は、宮崎駿監督の5年ぶりとなる新作長編アニメーション。幼い頃からの夢を実現させ、飛行機の設計技師になった主人公・堀越二郎が、戦争へと突入する激動の時代に、「美しいヒコウキを作りたい」という純粋な思いと裏腹に、世界屈指の戦闘機であるゼロ戦を生み出した“矛盾”と向き合う姿を描いた。瀧本は二郎の一目ぼれの相手であり、のちに結婚し妻となるヒロイン・里見菜穂子を演じている。

「菜穂子を通して、人を愛する偉大さを教えられた気がしますね。妻として、大きな夢に向かって頑張る二郎さんをひたむきに支えるのはもちろん、菜穂子自身も大好きな人のそばにいられる幸せを噛みしめている」。背後から戦争の足音が近づき、結核をわずらう菜穂子には命のタイムリミットも迫っている。「だからこそ、1日1日を大切に生きる夫婦の姿はとても愛おしいなって。菜穂子に限らず、すべての登場人物が壮絶な時代を一生懸命に生きていて、清々しささえ覚えるし、私自身ピンと背筋が伸びる思いです」

kazetachinu01_large庵野秀明
 ↑ 二郎の声を演じた庵野秀明
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズで知られる庵野秀明が主人公・二郎を演じており、「庵野さんとご一緒させていただくときは、もちろんその場に宮崎監督もいらっしゃるので、思わず『監督がふたりいる』って(笑)。実際、おふたりから違った指示をいただくこともあって、『どっちの言うことを聞けばいいんだろう……』って感じになりました」。そんな裏話を弾んだ声で語ってくれるのは、アフレコが順調だった証拠だ。

これまでのジブリ作品には珍しく、劇中には“大人のキスシーン”も登場するが「庵野さんとお相手していただき、すんなり演じることができました。アフレコ全体を通しても、テストだと思ったら『今のでOK』って本番テイクになったり、とにかく自然体でいられた。キャラクターに気持ちを乗せていくという点は、ふだんの演技ともあまり変わりません。だから2日間のアフレコは、自分のなかでもあっという間で、『もっと菜穂子でいたい』という気持ちになりました。本当に楽しい経験でしたね」

何事にも“楽しい”とのめり込める姿勢が、女優・瀧本美織にとって大きな原動力になっているのは間違いない。NHK連続テレビ小説「てっぱん」で注目を集め、その後もテレビ、映画と幅広く活躍。特に2013年は、初の時代劇となるBS時代劇「妻は、くノ一」、初の映画主演を飾る「貞子3D2」(8月30日公開/英勉監督)、そして本作で声優に初挑戦と“初もの”尽くしの一年となり、女優としてさらなる飛躍を遂げた。そんな自分の置かれた状況に「すごいですよね、自分でもすごいなあって……。はい、すごく楽しいんですよ!」とやはり“楽しい”が止まらない。

「この一年は本当に“濃い”という言葉がぴったり。作品を通して、毎回新しい出会いがあるし、さまざまな役を生きることで『自分のなかにこんな感情があったんだ』と気づかされる。うれしいのは、私が感じ取った気持ちや発見を、見てくれる皆さんに届けられること。この連鎖はすごいなって、最近強く思うんですよ」

もちろん、本作で演じた菜穂子からも大いに刺激を受けている。「舞台は私にとって遠い過去かもしれませんが、だからこそ『今を生きている』『私がここにいる』ことのすごさに圧倒されたり、感動したり……。今という時代がキラキラと見えるようになり、背中を押された気持ちです。この気持ちを大切に生きていきたいし、演技に対する姿勢もそうありたいと思っています」。まさに本作のキャッチコピーである“生きねば。”の精神を、ヒロインを演じることでしっかりと受け取ったようだ。

現在21歳で、子どもの頃からごく普通にジブリ作品と接してきた世代だけに、初めて見たのは『となりのトトロ』だという。「いつどんなシチュエーションだったかは覚えてなくて。それくらい自然な存在ですね、ジブリ作品は」。お気に入りのジブリヒロインを聞いてみると「ヒロイン、というよりはヒロインを支える女性が印象に残っています。例えば『千と千尋の神隠し』のリンや、『魔女の宅急便』のウルスラとか。シャキシャキしていて男勝り、さっぱりと気持ちのいい女性が好きなんです」
---------------------------------------------------------------------------------
この映画は、堀辰雄の小説『風立ちぬ』の「菜穂子」と、ゼロ戦開発者として実在の「堀越二郎」を結婚させるという筋書きで成り立っている。
だから映画の中でも<堀越二郎と堀辰雄に敬意を込めて>と挨拶されているのである。

原作の小説は、1936年(昭和11年)、雑誌「改造」12月号に、先ず「風立ちぬ」(のち「序曲」「風立ちぬ」の2章)を掲載。翌年1937年(昭和12年)、雑誌「文藝春秋」1月号に「冬」の章、雑誌「新女苑」3月号に「婚約」(のち「春」の章)を掲載。翌年1938年(昭和13年)、雑誌「新潮」3月号に終章の「死のかげの谷」を掲載ののち、同年4月、以上を纏めた単行本『風立ちぬ』が野田書房より刊行された。現行版は新潮、岩波文庫などから重版され続けている。

美しい自然に囲まれた高原の風景の中で、重い病(結核)に冒されている婚約者に付き添う「私」が彼女の死の影におびえながらも、2人で残された時間を支え合いながら共に生きる物語。時間を超越した生の意味と幸福感が確立してゆく過程が描かれ、風のように去ってゆく時の流れの裡に人間の実体を捉え、生きることよりは死ぬことの意味を問うと同時に、死を越えて生きることの意味をも問うた作品である。

作中にある「風立ちぬ、いざ生きめやも」という有名な詩句は、ポール・ヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節“Le vent se lève, il faut tenter de vivre”を、
堀辰雄が訳したものである。
「風立ちぬ」の「ぬ」は過去・完了の助動詞で、「風が立った」の意である。
「いざ生きめやも」の「め・やも」は、未来推量・意志の助動詞の「む」の已然形「め」と、反語の「やも」を繋げた「生きようか、いやそんなことはない」の意であるが、
東京大学国文科出身の彼としたことが、この反語によって「打消し」の意味になってしまうことを知らなかった筈がないのだが、
現実には、そう訳してしまったのも事実で、後年、国語学者などから厳しい反論を浴びる羽目になる。
この映画では、それを知って「生きねば」というキャッチ・コピーに置き換えられている。
厳密に言うと、小説「風立ちぬ」からは題名のみが、小説「菜穂子」から女主人公が採られている、ということである。
5145h+-6z3L__SS500_.jpg
51aadijp49L__SS500_.jpg

「風立ちぬ」風、飛行機、夢、美少女との純愛。ロマンチスト宮崎駿の集大成
 古い日本家屋で、すやすやと眠っている少年。彼は夢の中で、憧れのジャンニ・カプローニと飛行機で真っ青な空を駆けながら、こう語る。
「僕は美しい飛行機をつくりたい」。夢みることと、夢を見ること。これを併せて描くことで、得意のファンタジー性を生かすアイデアに、まずはうなった。
そう来たか!  ジブリ映画で初めて実在の人物をモデルにした作品は、宮崎駿監督の趣味全開。
メガネをかけ、飛行機に憧れ、仕事とタバコから離れられない主人公の二郎は明らかに監督の分身だ。
そして驚くべきは、監督がその徹底したロマンチストぶりをさらけ出していることである。
 すべての場面に風が立っている。その中で夢と純愛に生きるまっすぐな二郎は、監督にとっての理想そのものだ。一コマ一コマが、叙情文学の一行一行のように訴えかけてくる。
映画自体が、病に引き裂かれるとわかって二郎に「美しいところだけ」見せようとした菜穂子のようでもある。
哀切さが降り積もるようなふたりの愛には、涙がポロポロと呼応してしかたない。
 もののけのような関東大震災の描写も圧巻だが、語り口で印象的なのは省略の美学。
自分の傑作・零戦が、戦争の道具として人命を奪うということへの葛藤や苦悩も省略の中にある。だが終盤に登場する零戦の画は、きっと観客の想像を喚起するだろう。
とても綺麗な画面で、ストーリーも素敵だ。ほのぼのとした情感に満ちた一巻であった。
ただ菜穂子の療養する高原の結核サナトリウムの日光浴のシーンなどは、当時の世界的な結核療法だったが、今の若い観客に、その意味が理解されたか、どうか。

堀辰雄については ← このWikipedia に詳しい。
堀越二郎については ← このWikipediaに詳しい。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.