FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
佐伯泰英『二都騒乱』新・古着屋総兵衛第七巻・・・・・・・・・・・・木村草弥
515ZD0rfbTL__SS500_.jpg

──新・読書ノート──

     佐伯泰英『二都騒乱』新・古着屋総兵衛第七巻・・・・・・・・・・・・木村草弥
                   ・・・・・新潮文庫2013/12/01刊・・・・・・・

    京は錦市場で謎の法師集団に拐かされた女二人、救出不能。奇計炸裂。

   京の錦市場で忽然と姿を消した桜子としげの消息は依然として知れないままであった。
   総兵衛は御堂に籠りひたすら思念を送り続ける。
   じりじりとした時間が過ぎていく中、総兵衛の奇計に薩摩の密偵が二人引っ掛かったのだが……。
   一方、江戸では、大黒屋へとつながる秘密の地下道を探り当てた元同心池辺三五郎が不穏な動きを見せ始めた。
   京と江戸、切迫する二つの危難、会心の第七巻。

「二都」とは、京と江戸ということである。
桜子としげをさらった策略は、一統の見事な連携で無事解決する。
江戸の元同心も留守居の光蔵らの手配でひそかに始末される。
事件が解決して、鳶沢家から禁裏に三百両の金子が献納されることになった。
蹴鞠の会に総兵衛が招かれ、見事な身のこなしで鞠を蹴った。
今上天皇─光格帝から言葉を賜るというようなエピソードもある。
その折りに総兵衛出自の安南のランタン祭の描写などもあり、先日行ったベトナムのホイアンでの、豪雨のために見果たせなかった行事のことなどを想起した。
そして、このシリーズの伏線として存在する「影さま」が、ただいまは「女人」の九条文女であること、など。
今後のシリーズ展開に関係する事どもが描写され、いよいよ面白くなってきた。 以下、次巻。

さわりの部分だけだが「立ち読み」も出来る。 お試しあれ。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.