FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(4月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から三年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
entry_25しだれ桜小渕沢

四月になりました。陽春の到来です。
新人の春です。 旧人はひっそりと暮らしましょう。

真実はつね藪の中好むらし居心地よければ出づることなし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松坂弘
沖縄のかがやく碧よ、北国の蒼さ冥さよ、海めぐる国・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森山良太
こんなにも広く大きな腕がほし明石海峡大橋は父・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・道浦母都子
おとがひの輪郭崩えてゆくあはれ詮方ねえな爺さんなれば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・島田修三
一両日紫外線強き日に出かけ光アレルギー性湿疹なりとぞ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神作光一
入口と出口は同じいでてきてよびかえさるるまでが一生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小高賢
思ひ出づる過去に微笑み眠れといふなべて放棄の姿と言はむ・・・・・・・・・・・・・・・・・北沢郁子
風に揺るる白木蓮はゆさゆさと花のおもさを歓びてをり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・萩岡良博
蚊も蝶もごきぶりも敬遠するという高層ビルに人ばかり住む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沖ななも
「犀の如くただ独りあゆめ」とくり返し言ひしとぞ釈迦牟尼のその言葉をおもふ・・・杜沢光一郎
玄関に入つたら直ぐ裏口に出た・・・・そのやうなものか人生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高野公彦
汝がむすこ胸に吊るして汝が妻を撮りをる男わがむすこなり・・・・・・・・・・・・・・・・・・池田はるみ
花の枝のどこまで撓む愛されてゐるとふ自負の肢体のごとく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 太田宣子
どうしても生きてたいです オモイノママという名前の花があります・・・・・・・・・・・・・ かなだみな
猿はもう進化をやめて檻の中で互いに蚤を取り合うばかり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・武藤ゆかり
君が名に春の字あるを転校子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・掘下翔
磯辺より椿林へ分け入りぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 前北かおる
クリオネの一所懸命卒業期・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山崎祐子
すこやかに背丈揃ひて麦青む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山田露結 
さよならのあとはことさら麦青む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・関根かな
深々とお辞儀の奥のチューリップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山下つばさ
Eカップとわれも名乗らん春の地震・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関悦史
旅行記に雨の匂いの残りけり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・原知子
風船に髭の女が描いてある・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤水名
永き日やドラッグストアの束子・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・瀬戸正洋
朝の椅子まだ濡れてゐる桜蕊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内村恭子
狂ふて鎮まらぬ人に桜咲かんとする・・・・・・・・・・・・・・・内藤寸栗子
ふきのたう残して行きぬ雪女郎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・黒木韻石
春泥のずっと春泥のままの場所・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・神山朝衣
さやけしや桜うぐひを語る指・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 嵯峨根鈴子
オーボエや道のむかうの春の川・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤文香
春愁や絵本の中の王子様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 沢田和弥
摩天楼まで池があり花があり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 杉原祐之
春愁ひスケッチブック新調す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高勢祥子
日脚伸ぶ殊に離陸はうつくしく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高梨章
子離れは先送りして花は葉に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・津野利行
ホ句といふ小箱の中の桜貝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ハードエッジ
チューリップいちびりも居て平和・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩根彰子
約束の夢あのあたり春の野辺・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第五歌集『昭 和』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
ネット書店ではセブンネットショッピングLivedoor.Books、 楽天ブックスブックメール倶楽部、全国書店ネットワークe-hon でも買えるようになっています。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





コメント
コメント
花が咲き始めました
気がつけば四月。

早い、はやいと繰り返すばかりで何も変わりなし
2月から腰を少し傷め、難儀しましたが、何とか回復のめどが立ち、
ホッと、ひと息ついてるところです。
この歳で腰を傷めると、そのまま寝込んでしまうことも多いので、
医者通いの傍ら、スクァットや軽い野原歩きを続けていましたが、
何とか回復の兆しは見えてきました。
昨日も山の麓まで出かけ、坂道を少し登ってきました。

今月もよろしく。
2014/04/01(火) 06:14:23 | URL | Tokira #8ag4OTII [ 編集 ]
早々のコメント有難うございます。
桜は散り始めました。
花粉症で暫くはマスクの生活です。
それでも出掛けたい春です。
今月も宜しくお願いします。
2014/04/01(火) 09:11:18 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
お花見^^
すっかり桜満開となり、さくじつはお花見を楽しんできました。

四月はキリもよく年初でも考えていたのにできなかったことに再挑戦しようかと・・・単に体重を減らすだけのことがどうしてできないのか不思議な日々です。今月からこそ!!ここで、宣言させていただいて、頑張ります(笑;)

今月もどうぞよろしくお願いします。

2014/04/01(火) 14:04:13 | URL | われもこう #- [ 編集 ]
4月のご挨拶
早々に今月のご挨拶のコメントをいただき、ありがとうございました。
春はいいですね。
東京は今、桜が満開です。
10日前の京都はあんなに寒かったのに!
今月もよろしくお願いします。
2014/04/01(火) 21:31:37 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
花に嵐の・・・
木村様、相変わらずごぶさたしています。
ブログの方を再開しようと思いましたら、パスワードなど忘れてしまい、結局、新しい場所で再開することにしました。
これからもよろしくお願いします。
2014/04/03(木) 21:34:50 | URL | エスペラ #sPs6FRr6 [ 編集 ]
今年の春は荒れ模様ですね
■Tokiraさま。
■ぷりんちゃん様。
■われもこう様。
■シルバさま。
■エスペラさま。
コメント有難うございました。
今年の春は何だか荒れ模様ですね。
暖かかったり、嵐だったり、寒かったり。
気候が一定しません。
これは世界的に、そのようです。
不順な折から、御身ご自愛ください。
では、また。
2014/04/05(土) 04:06:02 | URL | sohya #- [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして、私の拙句が出ていてうれしく思いました。ありがとうございました。
2014/04/17(木) 12:26:26 | URL | 津野 利行 #Qi8cNrCA [ 編集 ]
はじめまして
■津野さま。
はじめまして。
「週刊俳句」の方から引かせてもらいました。
ご了承ください。
よろしく、お見知りおきください。
では、また。
2014/04/17(木) 16:14:21 | URL | sohya #- [ 編集 ]
土葬に関すること
いつもコメントありがとうございます。
石巻の仮埋葬に関して、別のところで、sohya 様と似たような感想を書いていましたので、転載させていただきます。

清月記の報告書を読んでいて興味深かったのは、掘り起こし火葬を引き受けるに至ったエピソードだ。
遺族自身がスコップを持って、必死の形相で「今、出してやっからな」と繰り返す様子に、これを遺族にやらせてはいけないと決断したという。
その遺族の年は分からないし、この地域に、かつてどのような葬送の風習があったかは分からないが、あきらかに、「土葬」があるべきではないおくり方になっているといえる。
「お葬式」などは、昔からずっと変わらないような感じがするが、同じ地域でも、10年ほどですっかり様変わりしていることがままある。そして、それは単にやり方が変わっただけではなく、気持ちの持ちようまで変わってしまっている。しかも、当事者はずっと昔からそうだったと思い込んでいる場合が多い。
そういったことも含めて、いろいろと考えさせられる報告書だった。
2014/04/21(月) 23:41:41 | URL | エスペラ #sPs6FRr6 [ 編集 ]
Re:土葬に関すること
■エスペラさま。
お早うございます。
コメント有難うございました。
おっしゃる通りで、土葬が一般的であったことか゜
つい最近まであったのです。
日本では土葬が田舎ではスタンダードだったのです。
街では違いますね。
京の都では、「お土居」の外は葬送地が何か所かあって、
隠亡が死体を運んで風葬(チベットのように)していたことが中世まであった、
「鳥辺野」なんかは、そうですね。
土葬は野蛮で、火葬は文明的とかいう考えも間違ってます。
キリスト教は原則として土葬ですし、ね。
拙ブログでも何回か書いたことがあります。
では、また。
2014/04/22(火) 05:20:20 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.