FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(8月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から三年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
011紅蜀葵
 ↑ 紅蜀葵(こうしょっき)

八月になりました。
今月は鎮魂と非戦の誓いの月です。

 薔薇のみのブーケ調ふる青年の秘密保護法を知らぬはにかみ・・・・・・・・・・・・・・・大口玲子
 刻々と悪しくなる世に永らへて戦中の子は死ぬにも死ねぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・来嶋靖生
 思ふべしネルソン・マンデラ九十五歳の顔を作りし人間の世を・・・・・・・・・・・・・・米川千嘉子
 アレッポに無骨の石鹸つくる者たとへばムスタファつつがあらずや・・・・・・・・・・・・ 島田修三
 むき出しの額に銃弾撃たれしをだれか写しぬだれかを憎む・・・・・・・・・・・・・・・・ 中川佐和子
 野鳥らは地球の地震察知するや ふと思ひつつこゑを仰げり・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松阪弘
 消費税引き上げられてその後のくらしが楽になるといふ嘘・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 武田弘之
 わりなけれわりなけれどもわが目交をひるがへり過ぐるを蝶も時も・・・・・・・・・・ 照屋眞理子
 なだれ咲く秋桜の野にふたり来つ、過去と未来の接ぎ目なす野に・・・・・・・・・・・・・・・高島裕
 炎熱の路面は白く明るめりいゆく生類の影一つなし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 春日真木子
 手花火の賑はひ聞けば遠き日のわが子のすがた目にうかびくる・・・・・・・・・・・・・・小野雅子
 人は人を亡くせしのちも生きてゆく死とはさういふものにしあれば・・・・・・・・・・・・・・雨宮雅子
 うから集ふ法要のなか父の子のわれはもつとも濃き血の嚢・・・・・・・・・・・・・・・・・小島ゆかり
 男とは剪定鋏ふりかざし石榴の枝を切り過ぎるもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・武藤ゆかり
 くろがねの秋の風鈴鳴りにけり・・・・・・・・・・・・・・・飯田蛇笏
 台風の夜の猿山のにほひけり ・・・・・・・・・・・・・・・・・谷雄介
 夏蝶を見るまに橋の朽ちにけり ・・・・・・・・・・・・・・鴇田智哉
 官邸囲み少女の汗の髪膚ほか ・・・・・・・・・・・・・・・・関悦史
 大和路は四通八達蟻の道・・・・・・・・・・・・・・・・・林田紀音夫
 分銅のかなしみなりし真夜の雷・・・・・・・・・・・・・・・田中亜美
 夏木立つばさもちちふさも楽器 ・・・・・・・・・・・・・・・中村安伸
 踊れや肛門 現人神が舌かがよう ・・・・・・・・・・・・九堂夜想
 聞かれても答はひとつ夏の月・・・・・・・・・・・・・・・木津みち子
 しろい野風あかい浮き輪は転々と・・・・・・・・・・・・・・・西村遼
 パラソルの陰を半分もらいけり・・・・・・・・・・・・・・・・梅津志保
 松蝉や絵本の雲のみな円く・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 細川加賀
 お互ひが眼裏にゐる夏至までは・・・・・・・・・・・・・・・井上雪子
 お手本をなぞると猫が濡れている・・・・・・・・・・・・・・原田浩佑
 水打つや影煮えたぎる人として・・・・・・・・・・・・・・・・高坂明良
 金魚死にその日のうちに捨てられし・・・・・・・・・・・・八田木枯
 船虫の眠りを覚ます太鼓の音・・・・・・・・・・・・・・・・・宮崎晩菊
 がらあきの空を被りて盆踊り・・・・・・・・・・・・・・・・・岩淵喜代子
 朽ち船の灼けて夜となり踊りの輪 ・・・・・・・・・・・・・・高橋寛治
 仕事着のままの念仏踊りかな・・・・・・・・・・・・・・・・河辺幸行子
 いつまでもこの世の端で踊りたし・・・・・・・・・・・・・・・・武井伸子
 納涼船勝鬨橋へ急ぎけり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・浜田はるみ
 邂逅へあをき氷菓を食らひしのみ・・・・・・・・・・・・・・・藤田哲史
 藍浴衣来れり鳥のかたちして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口優夢
 母訪へばあまたの柘榴裂かれたる・・・・・・・・・・・・・・ 外山一機
 また嘘を君が笑って蛾が傷む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤文香
 きゅるきゅると縄少年の草いきれ・・・・・・・・・・・・・・・・・岩根彰子
 夏蝶の展翅板より飛びたちぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第五歌集『昭 和』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





コメント
コメント
早々のコメント有難うございます。
最低気温が28℃とはどうなってるんでしょう。
暑くてゆっくり寝られません。
もう少し涼しいと有難いです。
無理をせずお過ごし下さいませ。
2014/07/31(木) 23:08:52 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
お暑うございます
真夏らしい太陽の照りつける8月となりました。

そちらも盆地で暑いと伺いますが、東京はエアコンの熱でより暑くなっている気がします。年々暑さとは戦わずにクーラー付けておとなしくしているようになりました。

どうぞ、熱中症にお気を付けてお過ごし下さい。
2014/08/01(金) 17:00:33 | URL | われもこう #- [ 編集 ]
暑い日が続きます
八月になってしまいました。
真夏日、猛暑日が続いています。

何とか上手く乗り越えて行きたいと思います。
どうぞご自愛下さい。
2014/08/02(土) 07:25:00 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
転載させていただきました
初めまして、ブログ名「すえよし」と申します。
転載フリーと書いてありましたので、今日の私のブログに、坪内稔典さんに関する記事を殆ど転載させていただきました。
今後ともいろいろお世話になると思いますので、よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。
ks123456
2014/08/15(金) 09:44:30 | URL | 川岡末好 #hK3S0aU6 [ 編集 ]
コメント有難うございました。
■われもこう様。
■ぷりんちゃん様。
■Tokira様。
コメント有難うございました。
梅雨に逆戻りのような蒸し暑い天気には閉口いたします。
どうぞ、お元気にお過ごしください。
では、また。
2014/08/16(土) 06:07:36 | URL | sohya #- [ 編集 ]
「孫引き」でなく、原文に当たってください。
■川岡末好さま。
よく読んでくださり有難う存じます。
お引きの文章は、私が至遊氏のサイトから引用したものです。
あなたの引用は「孫引き」と申します。
私のところの引用も結構ですが、出来れば、
至遊氏の記事を見つけて、それを引くようにしてください。
よろしく。
2014/08/16(土) 06:15:12 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.