K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
新作短歌・角川『短歌』四月号掲載「ハロン湾の朝日」12首・・・・・・・・・・・・木村草弥
角川

4ハロン湾の朝日
 ハロン湾の朝日  ↑

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──草弥の詩作品──(80) 

     ハロン湾の朝日/新作歌12首・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
           ・・・・・ベトナム紀行①/角川書店『短歌』誌2014年四月号掲載・・・・

  うらうらと水墨画のごとき島影を染めてハロン湾に朝日出でたり

         一九九四年にユネスコ世界遺産指定
  ハロン湾─石灰岩台地が沈降し浸食が進んで奇岩、島々

  「ベトナム」と言へば我ら熟年は果てしなき泥沼の「ベトナム戦争」想ふ

  共産主義の防波堤たらんとアメリカが遥か越南に介入せしなり

  ゲリラが潜むと「一村みな殺し」作戦─火焔放射もて焼き尽したり

  密林を枯葉剤で丸坊主にする、手段を選ばず暴虐し放題

  下半身がつながつた結合双生児ベトちやんドクちやんのこと

  ホーチミン市クチ県郊外全長二〇〇㎞の「クチ・トンネル」随一の観光名所

  今しも西沙(ホアンサ)、南沙(チユオンサ)諸島占拠する中国の覇権主義抗議デモに遭ふ

         ベトナム国人口九〇〇〇万人。東南アジアの大国
  戦争で死亡三百万人。十四歳以下の子供が人口の半数を占める若い国

  ホーチミンは建国の父。ベトナム通貨はどの額面もホーチミン肖像

  米粉で作るベトナムの麺フォー。牛肉味だがあつさりスープ

-------------------------------------------------------------------------
かねて提出中の私の新作短歌が、本日発売の角川書店「短歌」誌2014年四月号に発表されたので出しておく。
これは一昨年十一月に行ったベトナム紀行の際に作ったものだが、この歌のテーマを過去の「ベトナム戦争」に絞った。
作品の質については内心忸怩たるものがあるが、お読みいただきたい。
原文は「タテ書き」で読みやすいので、大きな本屋の店頭で読んでいただけば有難い。これには安いが「原稿料」が支払われる。
このときの紀行文については → 「ベトナム世界遺産紀行9日間」をご覧いただきたい。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.