K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
『無冠の馬』評・私信と抽出歌─恒成美代子/私信と抽出歌─神谷佳子/私信と抽出歌─佐々木則子/抽出歌─中埜由季子
mukannouma (2)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


      『無冠』の馬評・私信と抽出歌・・・・・・・・・恒成美代子(「未来」会員) 

(前略)・・・・・博識家の木村さんの歌の数々、最後の方の「菊慈童めき」のエロスにはお歳を感じさせない迫力がありました。
海外詠が多いのも特色ですが、私にはふだんの木村さん自身を詠んだものに惹かれました。

     七十まで現役たりし我のことご苦労様と誰も言ひくれず

     午年生まれ ましてや無冠のわれながら馬齢を重ね八十五となる

     一日は全ての人に二十四時間 老いはじめるとこれが短い

     赤まんま路傍にひそと咲きながら「あなたの役にたちたい」といふ


四首目のような歌があることは幸せです。 ご健詠なさいますように。     かしこ。

------------------------------------------------------------------------

     私信と抽出歌・・・・・・・・・・・神谷佳子(「好日」会員・読売新聞京都版歌壇選者)

(前略)・・・・・いつも立派なご本で、十全に表現の技法をたのしまれ、常人にはできないことです。
さっと一読というわけにもまいりませず、先ずは御礼のみ申し上げます。
帯文の文章も大した文章ですね。

   *午年生まれ ましてや無冠のわれながら馬齢を重ね八十五となる

文字通り私は無冠のまま八十五(九月にて)を迎えますので、共感いたします。
今、とてもたのしいのです。
仲々読みこなせませんが、つつしんで拝読させて頂きます。

------------------------------------------------------------------------

      私信と抽出歌・・・・・・・・・・佐々木則子(「水甕」会員)

新緑のまぶしい五月とにりました。
この度は「無冠の馬」のご上梓おめでとうございました。 (中略)
Ⅰ.の「無冠の馬」より特に心に響いた歌を挙げさせていただきました。
「今を生きて」おられる木村様の力強い生きざまに感銘を覚えております。
どうぞ、いつまでも御元気でご健詠をお祈り申し上げます。

   沈丁の香の強ければ雨ならむ過去は過去なり今を生きなむ

   チューリップはらりと散りし一片にゴッホの削ぎし耳を想ひつ

   午年生まれ ましてや無冠のわれながら馬齢を重ね八十五となる

   菜の花が黄に濃きゆふべたはやすく人死につづきせつなくなりぬ

   いくばくの蕾を残し山茶花散る置いてけぼりの三輪車ひとつ


--------------------------------------------------------------------------

       抽出歌・・・・・・・・・・中埜由季子(「歩道」、「賀茂」主宰)

     母逝きて巡る忌日に思ひ出づ俯きて咲く片栗の花

     長寿が延びますやうにの意なるとガイド氏言へり、合掌して言ふ

     聞こゆるは風の音のみ この山に潰えしカーシャパ王の野望は

     いとしきは吾妻なれば病める身を看取りてやらな、それが気がかり

     点滴も服用薬もなし自前なる免疫力で妻は生きる
  

   

     
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.