K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
『無冠の馬』私信と抽出歌・・・・・・・・・・・・・・小林サダ子
mukannouma (2)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


      『無冠の馬』私信と抽出歌・・・・・・・・・・・・・・小林サダ子(「からの」会員)

(前略)
  ・筆づかひの途切れにも似て一ところ火勢の強き火床が見ゆる

  ・大文字消えゆくときに背後にはくらぐらと比叡の山容ありぬ

  ・三香原布當の野辺をさを鹿は嬬呼び響む朝が来にけり

  ・山の端の羅(うすもの)引きて朝日いづ茶畑の丘の緋の朝ぼらけ

  ・あしひきの州見の山ゆ見かへれば朝霧のおぼに流るる泉川

  ・あららぎの丹の実光れる櫟坂(いちさか)は寧楽と山城へだつる境

何と美しい、思考の美しさが読む者のこころに言い難い味わいを残してくれる “州見山” 四首。
このような歌が私には、こよないものとして残りました。このよろこびをいただきましたこと、ありがたきことと存じます。
「大文字」の二首も、あの大景を写し取ることのむずかしさに思わず脱帽でした。
良い風景の中にゆたかにお暮しのお方ならではの作品と存じます。
私も奈良に心ひかれて何年もかけて、何十回も旅をしました。まことに国のまほろばですもの。
ありがとうございました。
これからも、どのような歌を作られますことか、楽しみに拝読させていただきます。   (後略)
   六月十九日                      小林サダ子



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.