K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
菊の香のうごくと見えて白猫の音なくよぎる夕月夜なる・・・・・・・・・・・・・木村草弥
aaookiku001大判

    菊の香のうごくと見えて白猫(はくべう)の
       音なくよぎる夕月夜(ゆふづくよ)なる・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せたものである。
今や「菊」真っ盛りのシーズンだが、あちこちで「菊花展」が盛んであるが、菊という花は、どことなく、うら淋しい気分がするものである。
私は第一歌集『茶の四季』(角川書店)に

   一の峯二の峯越えて詣づれば秋の奢りの菊花百鉢・・・・・・・・・・・・木村草弥

という歌を載せたが、これなども心底からの明るい歌とは言い難い。それは「秋」という季節の持つ性格から来るものであろう。
掲出の歌の前後の歌を引いておきたい。

         残 菊・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

  身めぐりに祝ふべきこと何もなし水引草の花あかけれど

  ひようろりと残んの菊と成り果てて庭のかたへに括られてゐつ

  菊の香はたまゆら乳の香に似ると言ひし人はも母ぞ恋しき

  菊の香のうごくと見えて白猫(はくべう)の音なくよぎる夕月夜なる

  白菊に対ひてをればわが心しづかなりけり夕茜して

  嵯峨菊が手花火のごと咲く庭に老年といふ早き日の昏(く)れ


「菊」というのは、春の桜と並びたつ秋の花とされる。中国から渡ってきたもので日本でさまざまに改良されてきた。
私は菊作りは、しない。春の挿し芽にはじまり、朝夕の水遣り、それも天候、降雨を勘案して、やらなければならないし、葉を虫に食われたり、欠いたりしてはならない。
茎立ちの寸法も重要な審査項目となる。
これでは、私のような旅行好きとは両立しない。以前は多い時には年間50日くらいは海外に出かけていたが、今では国内旅行が主で、こまぎれの旅をするばかりである。

十月末に近所に住む菊作りの友人が、見事な三本たちの菊二鉢を持ってきてくれた。
玄関に飾ってあるが、花も、もうそろそろ終りである。 有難いことである。

菊を詠んだ句を少し引いて終りたい。

 黄菊白菊其の外の名はなくもがな・・・・・・・・服部嵐雪

 有る程の菊なげ入れよ棺の中・・・・・・・・夏目漱石

 かにかくに明治は恋し菊膾・・・・・・・・富安風生

 国原や到るところの菊日和・・・・・・・・日野草城

 菊白く死の髪豊かなるかなし・・・・・・・・橋本多佳子

 白菊とわれ月光の底に冴ゆ・・・・・・・・桂信子

 白菊や暗闇にても帯むすぶ・・・・・・・・加藤知世子

 菊の棺とともに焼かれしわが句集・・・・・・・・平井照敏


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.