K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
国勢調査もインターネットで・・・・・・・・・・・木村草弥

国勢調査_NEW

──雑文──

       国勢調査もインターネットで・・・・・・・・・・・木村草弥

国勢調査2015 によると「インターネット」回答は2015/09/20に締め切られたが回答数は19,175,769 に達した、という。
私もネット回答したのは、いうまでもない。 調査員の手間も省け、経費も減って大助かりであろう。

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする国のもっとも重要な統計調査。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づき、5年に1度実施している。

 調査は平成27年10月1日午前零時現在で実施。調査事項は、世帯員について「就業状態」「従業地または通学地」など13項目、世帯について「世帯員の数」「住居の種類」など4項目からなる。

 国内で全世帯を対象としたオンライン調査を実施するのは今回が初めてで、正確かつ効率的な統計の作成、記入負担の軽減や利便性の向上などの観点から、インターネット回答を推進している。
インターネットによる回答数は1,000万世帯を超えると想定され、世界最大級の規模になるという。

 インターネット回答にあたっては、9月10日から12日に国勢調査員がすべての世帯へインターネット回答用IDを配布。
9月10日から20日まで、パソコンやタブレット、スマートフォンから、配布された「ID」と「パスワード」を入力して、国勢調査オンライン窓口から回答することができる。

 9月26日から30日までは、インターネット回答のなかった世帯を対象に紙の調査票を配布。10月1日から7日まで、記入した調査票を調査員または郵送により提出する。

 総務省統計局では、「国勢調査2015」と題したキャンペーンサイトを開設したほか、「Yahoo! JAPAN」との特別企画による国勢調査特集ページ「未来をつくる!国勢調査2015」も紹介。
調査の流れ、インターネットでの回答方法などをわかりやすく解説しながら、調査への理解や協力を呼びかけている。

 なお、調査の結果は、平成28年2月に「人口速報集計」、平成28年10月末までに年齢別人口や世帯状況などさらに詳しい内容が公表される予定となっている。
--------------------------------------------------------------------------------
今年の調査は簡易調査ということになっている。 調査項目が簡単ということで、「05年」は簡易。「10年」は詳細調査ということになっている。
だから今年の調査項目は少なかった。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.