FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
藤原光顕の歌「あとさきもなく」・・・・・・・・・・・木村草弥
藤原_NEW

──藤原光顕の歌──(22)

      あとさきもなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤原光顕
           ・・・・・・・「たかまる通信」No.100─2015/10/01掲載・・・・・・・・

   全力は尽くしますが… まず言い訳からはじまる入院初日

   雨に散り敷く病庭の桜 とりあえず病室を出てくるしかない

   病院通いも二週間になった車窓気づけば花水木散りかけている

   花水木が咲いて散って躑躅が咲いて散って病院の庭もう見飽きた

   移植途中の庭の花を言う ちゃんとしとくと言えばかすかに笑う

   終バスだから帰れと急かすひとりの夜の痛みひとしきり言ったあとで

   タオル下着その他諸々持ち帰っては洗ってくるそれだけの不甲斐なさ

   「治療は最善を尽くしましたがみんな裏目に出ました」肯くしかないのか

   どうしても家に帰りたいと言う 思いきめた一途さに退院をせがむ

   「一年と言われて三年生きたから」お願いだからさらっと言うな

   この薬のまねば死ぬと言われても拒む 遠い目に何を見ているのか

   戒名はいらないと言う 骨は邪魔だから捨ててしまえと言う

   遺影は若いのがいいと言う かわいく見えるのがいいと言う

   墓は丸い石を置いとけばいいと言う お参りはしなくていいと言う

   喪服はタンスの右端上等の数珠は二階のテレビ台の左の抽斗

   折々のそのつどの声「もうええ」が「死なせてくれ」とわかってからの

   「もうええわ」死にたいのこととも知らず さする手を止めたりした

   庭の見えるベッドで痛みの合間 花の虫を捕れと首う水を撒けと言う

   膠原病の妻看とりつつ読む 膠原病「混合性結合組織病」の未闘病記・笙野頼子
-----------------------------------------------------------------------------
読んでもらえば判るように、藤原さんの奥さんが五月二十四日に亡くなられた。
この雑誌の巻頭に「太鼓山日記」という欄があるが、その1ページは、十余年前の発病から死に至る「いきさつ」が縷々詳しく書かれている。
ご冥福をお祈りするばかりである。
先日、歌集『椅子の時間』を出されたときに、このブログ でも紹介したが、私はご本人から洩らされていたので、死の事実だけを書いておいた。
私も妻を亡くし、数年間、闘病に付き合ったので、藤原さんの「喪失感」は理解できるつもりである。
奥さんの思い出を大切にして、歌に「作品化」されるよう願うばかりである。 合掌。

追記 ・引用した最後の歌にある「膠原病「混合性結合組織病」の未闘病記・笙野頼子」のことだが、この人の場合は軽症らしい。
いま笙野頼子の本の紹介を参照してみたのだが、私の知人にも「膠原病」と診断された人で、治療しながら十数年とか二十年も生きている人が、二人も居る。
日常生活も外目には支障がないように見える。
膠原病にも、いくつかの病態があるらしく、藤原夫人の場合は重症のようである。 余計なことを書いた。 お許しいただきたい。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.