K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
一人居の四日の風呂を溢れさす・・・・・・・・・・・・・・・・佐怒賀直美
ro-yatu.jpg

──季節の一句鑑賞──正月「四日」3

      ■一人居の四日の風呂を溢れさす・・・・・・・・・・・・・・・佐怒賀直美

正月四日となった。
「二日」「三日」と書き続けてきたが、念のために申しておくが、これから書く「四日」「五日」「六日」「七日」というのは、いずれも、これらの日は「正月の季語」であるから、ご注意願いたい。
つまり「四日」と言えば、正月四日の日を指すということなのである。


三が日の正月行事が終り、職人は仕事の道具を揃え、農家では軽く農事をおこない、仕事始めとして祝う。
サラリーマンもこの日から出勤することが多いが、本年は六日からの出勤が多いだろう。

b2008_08150037.jpg

      ■ひとり分珈琲豆を碾く四日・・・・・・・・・・・・・・染谷佳之子

コーヒー愛好者には、凝る人が多い。
写真②はプジョー社製のコーヒー・ミルである。
クラシックな機能のもの。
コーヒーを淹れるのにもサイフォンとか、いろいろあるが、単純に「ドリップ」式のものが風情がある。
淹れ方よりも、コーヒー豆のブレンドの配合の方が、私なんかは重要視したい。
外に出て、有料で飲むコーヒーにも値段の割りにおいしくないものが多い。
つい最近になって知ったことだが、エチオピア産の「モカ」の豆から残留農薬が検出されて輸入禁止になったため、コーヒーのメーカーはブレンドに困っているいるという。
「モカ」豆の「酸味」はコーヒーの風味を左右するもので、ブレンドには欠かせないが、先に書いた「おいしくない」云々という件に、このことが影響しているのかも知れない。この影響は当分つづくだろう。
以上、ひとこと書き加えておく。
私が六ヶ月に一度、定期診察にゆく京都大学病院の玄関フロアに出店する「ドトールコーヒー」のカプチーノを私は、値段の割りにおいしいと愛用していたが昨秋の診察で「快癒」と宣告されて終わった。

195-tyoushi.jpg

     ■舟一艘二艘三艘四日かな・・・・・・・・・・・・・・・渡辺恭子

写真③は銚子港に停泊する漁船である。
東日本大震災の時は、大震災・大津波と原発爆発による放射能飛散により、千葉県も大きな影響を蒙った。
しかし、銚子港は魚の水揚げが好調で、漁民は久々の活気に浸ったという。

以下、「四日」を詠んだ句を列記して、終る。

 コンドルの貧乏歩きも四日かな・・・・・・・・飯島晴子

 気が付けば頬杖癖も四日かな・・・・・・・・小桧山繁子

 合点してざぶざぶ使う四日の湯・・・・・・・・宇多喜代子

 磨ぎ終へし四日の米の白さかな・・・・・・・・若井新一

 心音を拾ふ四日の聴診器・・・・・・・・細川洋子

 好きなものゆつくりと煮て四日かな・・・・・・・・大橋麻沙子

 俎にのせて四日の豆腐かな・・・・・・・・今関淳子

 卓袱台は昭和の匂ひ四日かな・・・・・・・・端山日出子
 
 ビードロとビーチグラスと四日かな・・・・・・・・高島征夫
-------------------------------------------------------------------
a0ed6080-e8ac-40b0-8551-3596451d584c「しぶんぎ座流星群」
↑ 北斗七星を貫く「しぶんぎ座流星群」2001/01/04AM1時台 撮影者─gazoo.com

一月四日未明は「しぶんぎ座流星群」の見られる特異日であるが、今年は雲が多く、かつ月明があったりして観測できないなかったところが多かったらしい。
上に掲げた画像は過去のものである。撮影者と時刻は書いてある通りである。
撮影者である著作権所有者に御礼申上げて、ここに記しておく次第である。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.