K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
火事を噴きあげては町の密集す・・・・・・・・・・・・・・百合山羽公
001a.jpg

   火事を噴きあげては町の密集す・・・・・・・・・・・・・・百合山羽公

「火事」というのは「冬」の季語である。そう言われると、冬には火事が多いから、なるほど、と納得する。
一年中、火事はどこでも起こっているし、化学的な火災もあるが、俳句の題材になるのは、何と言っても「人家」の火事だろう。
近年は民家の火事が多い。暖房器具の不始末か、焼け死ぬ人も多発しており、消防が広報の車を出して注意を呼びかけている昨今である。
逃げ遅れて死ぬのは老人と子供が多い。可哀そうなことである。

kasai5s火事

私の住む所には、今は常設の「消防署」があるが、昔の村のときには、そんなものはなく、 「消防団」が唯一のものであった。
僅かな金額の手当ては出たが、基本的にはボランティアであったが、土着の住民にとっては青年期に達すると半ば強制的に入らざるを得ない性質のものだった。
少年期を脱したばかりの頃は「前髪」と称する使い走りをさせられるのであった。農村青年にとっては、一種の「通過儀礼」のようなものであった。
私は学校に行っていたので、そういう「前髪」的なことは経験したことがない。
私が家に帰って「消防団」に入ると、すぐ役員をさせられた。二三年後には旧村単位の「分団」長をさせられた。
私たちの「市」(当時は「町」であった)には分団が四つあったのである。私の下には副分団長以下、支部長四人、総勢約100名が居たのだった。
私の任期は一年だけで助かった。火事は任期中に一度あっただけだが、この仕事は火事だけではなく、水害などにも狩り出された。
治安を保つ一面も担わされていたのだった。
分団長の上には本団の団長、副団長が居た。
昔は田舎では、それらの役に就くことは名誉なこととされていたから、分団長クラスから上は、もっぱら飲み食いや遊興が主な仕事で、30代の血気盛んな頃であるから、
よく飲み歩いたものである。
その頃から私は酒には弱く、付き合いには閉口したが、逃げるわけにはゆかず、今から考えると、よく勤めたものだと思う。

以下、歳時記に載る「火事」の句を引いて終る。

 火事鎮むゆらめきありて鼻のさき・・・・・・・・飯田蛇笏

 火事見舞あとからあととふえにけり・・・・・・・・久保田万太郎

 粥腹はうつつの夢によべの火事・・・・・・・・石川桂郎

 火事といへば神田といへば大火かな・・・・・・・・岡本松浜

 寄生木やしづかに移る火事の雲・・・・・・・・水原秋桜子

 遠き火事哄笑せしが今日黒し・・・・・・・・西東三鬼

 火事を見る脳裡に別の声あげて・・・・・・・・加藤楸邨

 焼跡の夜火事の雲や押しこぞり・・・・・・・・石田波郷

 泣く人の連れ去られゐし火事明り・・・・・・・・中村汀女

 火事遠し白紙に音のこんもりと・・・・・・・・飯田龍太

 暗黒や関東平野に火事一つ・・・・・・・・金子兜太

 また青き夜天にかへる火事の天・・・・・・・・谷野予志



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.