K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
京言葉もて寄鍋の世話をする・・・・・・・・・・・・・・・・奥田可児
P1010510寄せ鍋

──季節の一句鑑賞──季節の鍋2態──

     ■京言葉もて寄鍋の世話をする・・・・・・・・・・・・・・・・奥田可児

冬の団欒の食べ物としては「鍋」ものがいい。
今日は「寄せ鍋」と「鍋焼きうどん」を採り上げる。
「寄せ鍋」に入れるものは何でもよいのである。
魚、貝、鶏肉、野菜などを味付けした汁で煮て食べてもよいし、「水炊き」にしたものを「ポン酢」とおろし大根で食べても、おいしい。
地域によっては「たのしみ鍋」とも呼ばれたらしい。季節のいろいろな材料をとりまぜて煮て食べる鍋料理である。
海鮮の材料が多いものは「沖なべ」「沖すき」などと称する。

image01寄せ鍋

 又例の寄せ鍋にてもいたすべし・・・・・・・・高浜虚子

 寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ・・・・・・・・杉田久女

 寄鍋や剥き蛤のふくむつゆ・・・・・・・・関谷嘶風

 寄鍋の湯気やはらかし家長たり・・・・・・・・戸川稲村

 寄鍋や酒は二級をよしとする・・・・・・・・吉井夏生

 よせ鍋や松葉模様のちりれんげ・・・・・・・・塩川星嵐

 沸々と寄鍋のもの動き合ふ・・・・・・・・浅井意外

 寄せ鍋や酔へば口つく国訛・・・・・・・・森野敏子
-------------------------------------------------------------------------------
085-l鍋焼きうどん

      ■鍋焼や芝居で泣いて来たばかり・・・・・・・・・・・・・・三宅絹子

「鍋焼き」は本来、土鍋に鶏肉や魚を入れ、野菜を加えて醤油で味付けして煮て食べるもの。
「土手焼き」というのは土鍋に味噌を塗り、魚、せりなどを入れて煮ると味噌が焦げて香りとなり、また汁と溶けて、よい味になる。
この頃では「鍋焼きうどん」の方を専ら指すようになった。
饂飩(うどん)に、かまぼこ、ねぎ、ほうれん草、鶏肉などを加えて、汁をたくさんにして土鍋で煮る。真ん中に生卵をひとつ落したりする。

udon豆乳鍋焼き

写真④は「豆乳鍋焼きうどん」である。
水の代りに「豆乳」を使うところがミソで、豆乳特有の甘みがあり、大豆なので極めて健康的である。

 鍋焼の火をとろくして語るかな・・・・・・・・尾崎紅葉

 鍋焼ときめて暖簾をくぐり入る・・・・・・・・西山泊雲

 酒よりも鍋焼を欲り老い兆す・・・・・・・・滝春一

 なべ焼食べて子は子の家に戻るべし・・・・・・・・安住敦

 鍋焼を吹いて食べさす子守婆・・・・・・・・滝沢伊代次

 ねもごろに鍋焼饂飩あましけり・・・・・・・・村上麓人

 鍋焼の屋台に細き煙出し・・・・・・・・・富永ひさし


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.