K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
石ばしる垂水の上のさ蕨の萌え出づる春になりにけるかも・・・・・・・・・・・・・・・・志貴皇子
warabi17さわらび

     石(いは)ばしる垂水の上のさ蕨の
        萌え出づる春になりにけるかも・・・・・・・・・・・・・・・・志貴皇子


歌いぶりは率直、歌意も単純明快である。垂水=滝と言っても小さなものだろうか。
その滝の傍らに生えているわらびが、芽を出す春になった、という喜びを述べている。
立春から多少日を経たころの景色だろう、爽やかに、心のはずむ春の到来が、快い調べになっている。

この歌は「万葉集」巻8、春の雑歌の巻頭にある有名な歌だが、実景に即して、感動や情感を写し取るように描写する「万葉集」の表現方法は力づよい。
これ以上の余計な雑言は不要だろう。

わらび、ぜんまいの類は山野草摘みの代表的なもので、早春の風景と切り離せない。
地下茎から春に芽が出て、こぶしを丸めたような形をしている。この頃の若芽が食べ頃である。
「さわらび」の「さ」は「早い」という意味の「接頭語」である。わらび、ぜんまいの類は早春の今ごろに新芽が萌え出てくる。
昔の本には旧暦の一月の頃に出ると書かれているから、今の陽暦に直すと二月頃ということになる。

 みちのくのわらび真青に箸に沁む・・・・・・・・・・・・・ 島みえ

という句にもある通り、山里の季節のものとして珍重される。
「ぜんまい」(薇、狗背と書かれる)も同じ羊歯類の植物である。
以下、「わらび」「さわらび」「蕨狩」を詠んだ句を引いて終る。

 負ふた子に蕨をりては持せける・・・・・・・・・・・・暁台

 天城嶺の雨気に巻きあふ蕨かな・・・・・・・・・・・・渡辺水巴

 早蕨は愛(かな)しむゆゑに手折らざる・・・・・・・・・・・・富安風生

 道ばたに早蕨売るや御室道・・・・・・・・・・・・高野素十

 月日過ぐ蕨も長けしこと思へば・・・・・・・・・・・・山口誓子

 早蕨の青き一と皿幸とせん・・・・・・・・・・・・成田千空

 早蕨や地下錯綜の上に立ち・・・・・・・・・・・・和田悟朗

 良寛の天といふ字や蕨出づ・・・・・・・・・・・・宇佐美魚目

 落ちかけて日のとどまりし蕨かな・・・・・・・・・・・・藤田湘子

 早蕨や蔵王の見える厨窓・・・・・・・・・・・・星野椿

 早蕨や若狭を出でぬ仏たち・・・・・・・・・・・・上田五千石

 堰かれては水のはばたく初蕨・・・・・・・・・・・・三田きえ子

 早蕨や野川鳴りつつ光りつつ・・・・・・・・・・・・山田美保

 野に惚けゐるは吾とも蕨とも・・・・・・・・・・・・藤村瑞子

 窯焚きへ湯気あたたかき蕨飯・・・・・・・・・・・・武田稜子

 丘にきて風のうごかす蕨摘む・・・・・・・・・・・・秋元不死男

 八ヶ岳仰ぐやわらび手にあまり・・・・・・・・・・・・及川貞

 ぜんまいののの字ばかりの寂光土・・・・・・・・・・・・川端茅舎

 ぜんまいの渦巻きて森ねむくなる・・・・・・・・・・・・野見山朱鳥

 ぜんまいの渦の明るさ地をはなれ・・・・・・・・・・・・岸霜陰



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.