K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
格子戸を開けると外は雪/桜色がよく映えた・・・・・・・・・・・・・中原道夫(春の雪)より抄出
0512115貂。譛域ゥ祇convert_20101213154052

    春の雪──京都嵐山にて・・・・・・・・・・・・・・中原道夫

       行きずりのその店の
       それは女将であったか
       仲居であったか
       女の笑顔が
       桜色の着物によく映えた
       迷ったあげくのことであったが
       ぼくはこの店を選んだことが嬉しかった
        ──どうぞ、お茶を
       一口、志野焼きの湯飲みに口をつけたものの
       料理ができるまで少々時間がかかるらしい

       ──ちょっと、用を足してきますから
       ──そちらの奥どすが
       指差す桜色の襟元が旅情をひとしおかきたてた

       ──お戻りやしたか
       席にもどるぼくに新しい茶を出す女の手は美しかった
       ──今日は、よう冷えますので、熱いのを
       ぼくはこの店を選んだことがふたたび嬉しかった
        ──料理もおいしくいただけたけれど、
       お茶がとてもおいしくて
       京女に東男というけれど
       ぼくはこの店を選んだことがまたまた嬉しかった

       格子戸を開けると外は雪
       桜色がよく映えた

(北溟社刊『滋賀・京都 詩歌紀行』より)
-------------------------------------------------------------------
写真は「花灯路」という行事の時の嵐山・渡月橋である。
京都は観光地として根強い人気があり、私の首都圏に住む知人など、折にふれて一年に何度も京都に通っている。
そんな中では「冬」はオフシーズンではあるが、「通」の人には、この冬場こそ京都観光の穴場なのだという。
オン・シーズンの時は観光客で混んでしまって、ゆっくりすることも出来ないが、冬なら、ゆつくり見て歩くことが出来よう。
平素は公開しない所も、冬場に公開されることもあり、それが「穴場」と称される所以である。
お試しあれ。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.