K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
心臓が「ぽっぺん」と鳴ればそれは恋・・・・・・・・・・・・・・・坂崎重盛
bidoro歌麿本命

──再掲載─初出・Doblog2007年2/21──

    心臓が「ぽっぺん」と鳴ればそれは恋・・・・・・・・・・・・・・・坂崎重盛

「ぽっぺん」という長崎由来の玩具がある。「びーどろ」とも呼ばれる。
図版①は歌麿の「びいどろを吹く女」という浮世絵である。
この「ぽっぺん」は何と、俳句の世界では「新年」の季語として歳時記にも載っているのである。
「ポッペン」が、どうして「新年」の季語になったかの経緯は判らない。
角川俳句大歳時記には「正月に吹いて厄を祓う」とあるから、これが妥当な由来かも知れない。

掲出の坂崎重盛はエッセイストで、俳号を「露骨」というらしい。
私はまだ未見だが、石田千『ぽっぺん』という本が出て、その本の紹介記事として新潮社「波」2007年2月号に彼の「ぽっぺん讃句」というのが載って、私は見たのである。
「ぽっぺん」とは薄いガラス製で、細い管と、その先が、お尻の平たい丸い月。
管の先に唇をつけて、息を吹き入れると「ぽっぺん」と乾いたような、くすぐったいような音がする。
オランダかポルトガル由来の西洋のものらしい。
新潮社「波」の記事には、坂崎氏のぽっぺんの句が50近く載っている。
そのうちのいくつかと、歳時記に載る句とを引いておきたい。

img3b75be47xuzj2kビイドロ

写真②が「ぽっぺん」。
長崎みやげの郷土玩具として、いろいろの柄の「ポッペン」が見られる。
その中のいくつかを載せてみる。

■ぽっぺんの生まれは長崎ぶらぶら節・・・・・・・・・・・・・・・坂崎重盛

 ぽっぺんはタートルよりも鶴の首

 情無や指切りぽっぺん牛蒡切り

 「ぽっぺん」と時のめくれる音がする

 ぽっぺんと果報は寝て待て三日待て

 「今どこに?」ぽっぺん只今迷子中

 鈴は鳴るぽっぺんは吹く人は去る

■ぽっぺんを吹かずに包むたなごころ・・・・・・・・・・・・・・・坂崎重盛

 生き選ぶ、たとえばぽっぺん、無地、格子

 ぽっぺんを吹く瞬(ま)に大人になりにけり

 ぽっぺんのぺこんと凹む色気かな

 ぽっぺんや犬の鼻唄冬の歌

 ぽっぺんの一吹の間のセ・ラ・ヴィかな

以上、ここまでが坂崎氏の「川柳句」である。
「ぽっぺん」という季語は入ってはいるが、彼の句の場合、私はこれを季語だと思わない。
「俳句」ではなく「川柳」だろう。「川柳」には季語という拘束はない。
私が、こう言う根拠は、この坂崎の文章に「これがなぜか新年の季語らしい」とあるからである。
彼が「俳人」ならば、まさか、こういう書き方はしないだろうから。
-----------------------------------------------------------------------
2004.12popen三つ組

以下は、歳時記に載る俳句である。

 ぽつぺんは口より遠くにて鳴れり・・・・・・・・・・・・後藤比奈夫

 ぽつぺんを吹いて佳きことあるらしき・・・・・・・・・・・・松本旭

 やみつきのぽつぺんを吹くばかりかな・・・・・・・・・・・・岡井省二

 ぽつぺんの闇の深さを計りたる・・・・・・・・・・・・岡田史乃

 ぽつぺんを吹いて浮世絵いろの空・・・・・・・・・・・・中尾杏子

 ひとしきりぽつぺん吹いて母子眠し・・・・・・・・・・・・石垣青葙子

 ぽつぺんと鳴りぬ力を抜きしとき・・・・・・・・・・・・金田志津枝

 ぽつぺんを吹けば夢二の女に似・・・・・・・・・・・・大森扶起子
--------------------------------------------------------------------------
koubougiyaman2_1928_17077368三つ組

この記事を載せたら阿佐谷みなみ氏が「ポツペン」を詠んだ次のような漢詩があるとお知らせいただいた。
下記に載せておく。

「倒掖戯」・・・・・・・・・・・・太田玩鴎

玲瓏恰比水晶清。奇韻殊憐玉振声。豈啻揺唇呼吸巧。還縁合掌抑揚鳴。
春風未見携市遊。夏夜初聞吹満城。愛玩多親雛妓袂。涼棚月榭独縦横。

訓読すれば。

玲瓏あたかも比す 水晶の清/奇韻ことに憐れむ 玉振の声
あにただ揺唇 呼吸の巧のみならんや/また合掌 抑揚に縁りて鳴る
春風いまだ見ず 市に携へて遊ぶに/夏夜はじめて聞く 吹きて城に満つるを
愛玩おほく親しむ雛妓の袂/涼棚 月榭 ひとり縦横

鮮やかな美しさは水晶のように清らか。珍しい音は玉振のようで、とりわけ心を引かれる。
唇の呼吸の巧みさだけではなく、てのひらを合わせて抑揚によって音を立てる。
春風のころには街に携え遊ぶ人を見ることはないが、夏の夜になると町中に吹く音が聞こえる。
半玉がもっぱら愛玩し親しみ、涼み棚や月見台で吹くのはこれに限るよ。

詳しいことは阿佐谷みなみ「近代詩探偵の事件簿」の記事を見てください、とは言えない。
阿佐谷さんとは連絡がつかないし、Doblogはサービスを停止していて見られないからである。
ここに記して、御礼申し上げておく。

その後調べてみたら Wikipedia─坂崎重盛 が出ているので参照されたい。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.