K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
桜草買ひ来このごろ気弱にて・・・・・・・・・・・・・・・・安住敦
226さくら草満開

  桜草買ひ来このごろ気弱にて・・・・・・・・・・・・・・・・安住敦

サクラソウ科の多年草。
江戸時代、武士の内職として、サクラソウの栽培が流行し300種類もの品種があったという。その品種の一部が小石川植物園などに維持されているらしい。
サクラソウは、日本種のサクラソウと、プリムラと呼ばれる西洋サクラソウがあり、本来は違うものであるが、
今では、どちらをも桜草と一くくりにして呼ばれている。
掲出した画像は西洋サクラソウ──いわゆるプリムラのものである。

掲出した安住敦の句は、丁度この頃なんとなく気鬱で「気弱」だったのであろうか。
自分の心象を詠んでいて秀逸である。

桜草は湿地に群落をなす花で、今では野生のものは絶滅しかかっており、
「田島が原サクラソウ自生地」に自生するものが特別天然記念物として保存されており、有名である。埼玉県の郷土の花になっている。
写真②が、その「ニホンサクラソウ」である。 ただし、これが咲き揃うのは、四月中頃であるから念のため。
sakurasouニホンサクラソウ

sakurasoニホンサクラソウ

ただし、↑ この写真は軽井沢町植物園のもの。町花になっている。
葉の様子もよく判る。

 我国は草もさくらを咲きにけり・・・・・・・・小林一茶

の句があるが、山桜の花に似て、清純な可憐な美しさの花である。

桜草は亡妻が株を大切にして来たが、病気中に私の不注意で枯らしてしまい、新しい苗を買ってきて、今に至っている。私の買ってきた株は、色が少し濃い。
桜草ないしはプリムラとして多くの句が詠まれているので、下記に引いて終りたい。

 葡萄酒の色にさきけりさくら艸・・・・・・・・永井荷風

 桜草灯下に置いて夕餉かな・・・・・・・・富田木歩

 咲きみちて庭盛り上る桜草・・・・・・・・山口青邨

 そはそはとしてをりし日の桜草・・・・・・・・後藤夜半

 わがまへにわが日記且(かつ)桜草・・・・・・・・久保田万太郎

 桜草の野に東京の遥かかな・・・・・・・・富安風生

 少女の日今はた遠しさくら草・・・・・・・・富安風生

 まのあたり天降(あも)りし蝶や桜草・・・・・・・・芝不器男

 一杯のコーヒーの銭さくら草・・・・・・・・細見綾子

 プリムラやめまひのごとく昼が来て・・・・・・・・岡本眸

 カーテンと玻璃とのあひだ桜草・・・・・・・・森田峠

 桜草寿貞はそつと死ににけり・・・・・・・・平井照敏

 プリムラや母子で開く手芸店・・・・・・・・高橋悦男

 下に鍵かくして桜草の鉢・・・・・・・・木内怜子

 さくら草入門のけふ男弟子・・・・・・・・古賀まり子

 これからのこの世をいろに桜草・・・・・・・・和知喜八

 三鉢買って二鉢は子へ桜草・・・・・・・・大牧広

 卓上は文字の祭壇桜草・・・・・・・・馬場駿吉

 鉄橋を貨車ことことと桜草・・・・・・・・中丸英一

 泣くときは見する素顔や桜草・・・・・・・・平賀扶人



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.