K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
藤原光顕の歌「あとさきもなく③」・・・・・・・・・・・木村草弥
芸自_NEW

──藤原光顕の歌──(24)

       藤原光顕の歌「あとさきもなく③」・・・・・・・・・・・木村草弥
              ・・・・・・・「芸術と自由」誌2016/No.303所載・・・・・・・・

      あとさきもなく ③      藤原光顕

 兎の形から石ころでええに替わる墓などどうでもいいほどに苦しいのか

 点滴は鎮痛剤と鎮静剤 見守るしかない時間 ドラマではない

 冷えてゆく頬を撫でる 包み込む 撫でる どこへ行くんや

 するすると吸い込まれる棺 どんづまり これが最後だ

 切羽詰まった訴えが誰にも聞きとれないまま黙ってしまったあの時

 遅かった庭のランタナ待ちわびて見ぬまま妻は逝ってしまった

 咲き盛るランタナの横へ立たせてみる あの笑顔で佇たせてみる

 卵焼きの色は淋しい 少しずつひとり暮らしに慣れていくのか

 今にして難病の保険のつもりだったと知る若いのに買い急いだ墓のこと

 陽ざし白い京の街 風がぬけるとなにもかもこんなに遠い
----------------------------------------------------------------------------
妻を亡くした藤原さんの「嘆き」の一連である。
終りから三行目の歌の「少しずつひとり暮らしに慣れていくのか」の詩句が哀切である。
私事だが、この四月が来ると私の妻が亡くなってから丸十年になる。
ようやく私も「一人暮らし」が身につくようになった昨今である。
藤原さん、どうぞ、奥さんとの追憶に浸ってください。


コメント
コメント
もう10年経ったのですね
そんなに年月が過ぎていたとは、思いませんでした。
4~5年前のことに感じます。
闘病のこと、ブログで拝見していましたので・・・。
卵焼きの、暖かい黄色も寂しく感じるとは、作者もよほど奥様を愛しておられたのでしょうね。
2016/01/28(木) 11:49:15 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
コメント有難うございます。
■シルバさま。
コメント有難うございます。
「去るものは日々に疎し」という諺がありますが、
私だけは忘れずにして居ようと心がけてはおります。
よく読んでくださいました。 では、また。
2016/01/29(金) 05:14:35 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.