FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
紫大根の花が咲いていた /半日の外出から帰った夕ぐれの/家の戸口の傍らに・・・・・・・・・・高田敏子
imgb8a5adc6zik8zjムラサキダイコン

──高田敏子の詩鑑賞──(3)──再掲載・初出2007/04/11 Doblog──

      雑草の花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高田敏子

   紫大根の花が咲いていた
   半日の外出から帰った夕ぐれの
   家の戸口の傍らに

   いつの間に
   そこに芽をのばしていたのでしょう
   少しも気づかずにいて
   いま目にする花の紫

   昨年もそこに咲いていたと
   それさえ忘れていた私に
   花は静かな微笑の姿を見せている

   そう!
   こうした雑草は
   待たれることなく
   咲き出すのだ
   人目についても つかなくても
   花を咲かせて
   咲くことの出来た自分自身に
   静かな微笑をおくっているのだ
--------------------------------------------------------------------------
この詩は高田敏子の詩集『こぶしの花』1981年花神社刊に載るもの。
高田敏子の詩は、難解な言葉は何もない。難しい暗喩もない、平易な表現である。それでいて、詩全体から漂う雰囲気に読者は虜になってしまう。
ただ、この詩の題「雑草の花」というのには引っかかるが、それは「雑草」というものはなく、どんな草にも、みんな名前があると思うからである。
事実、作者も詩本文の中では「紫大根」という名前を書いているのだから、題名もそれにしてもらいたかった。
---------------------------------------------------------------------------
高田敏子の詩集には1954年の『雪花石膏』1955年の『人体聖堂』にはじまって20冊近くが刊行されている。
ここで、同じ詩集に載る短い詩を一つ紹介する。
--------------------------------------------------------------------------
kobusi16.jpg

      こぶしの花・・・・・・・・・・・・・・・・・高田敏子

      あなたの好きな
      こぶしの花が咲きました
      ご健勝にお過ごしのご様子
      およろこびしています

   四行の文字
   四行のことば
   誰に見られても困らない
   一枚のはがき

   長い年月のむこうに咲く
   こぶしの花
   見上げる花枝の上に
   形よい雲のひとひらが浮いていた

   ありがとう
   文字にはしないことばを
   ひとこと送って
   文箱に納める
   こぶしの花

   ひとひらの雲はそのまま消えずにあって
   肩のあたりがふわっと
   あたためられている



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.