K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
春がすみいよよ濃くなる春昼間のなにも見えねば大和と思へ・・・・・・・・・・・・・・・・・前川佐美雄
20120223-150655前川佐美雄

     春がすみいよよ濃くなる春昼間の
        なにも見えねば大和と思へ・・・・・・・・・・・・・・・・・前川佐美雄


前川佐美雄は明治36年奈良県北葛城郡の裕福な地主の家に生れる。
昭和5年第一歌集『植物祭』でモダニズム短歌の旗手として華々しく登場する。
昭和9年「日本歌人」を創刊、日本浪漫派の人々と親交を結ぶ。
敗戦により農地解放で小作地をみな失う。これらの経験が彼独特のコンプレックスとして歌の上にも影響する。
塚本邦雄、前登志夫、山中智恵子など多くの異色の歌人を育てた。晩年は鎌倉に居住。
平成2年没。

掲出の歌は歌集『大和』に載るもので、彼の代表作として有名。
彼の歌は、すっと読み下せる発想になっていないので、「ねじれ」があったり、「韜晦」があったりして難解とされるが、特徴を知って臨めば理解できよう。
以下、歌を引いてみる。
--------------------------------------------------------------------------

春の夜のしづかに更けてわれのゆく道濡れてあれば虔みぞする

床の間に祭られてあるわが首をうつつならねば泣いて見てゐし

なにゆゑに室(へや)は四角でならぬかときちがひのやうに室を見まはす

春になり魚がいよいよなまぐさくなるをおもへば生きかねにけり

ぞろぞろと鳥けだものをひきつれて秋晴の街にあそび行きたし

遠い空が何んといふ白い午後なればヒヤシンスの鉢を窓に持ち出す

あたたかい日ざしを浴びて見てをれば何んといふ重い春の植物

ひじやうなる白痴の僕は自転車屋にかうもり傘を修繕にやる

園丁が噴水のねぢをまはすとき朝はしづかな公園となる

ひんがしに満月朱きころなれば爬虫類も野に腹かへしゐむ

悪事さへ身に染みつかぬ悲しさを曼珠沙華咲きて雨に打たるる

春の夜にわが思ふなり若き日のからくれなゐや悲しかりける

無為にして今日をあはれと思へども麦稈(むぎわら)焚けば音立ちにける

がらくたを寄せあつめてはなにくれと妻いとなめり春のをはりを

草花と子は漢字もて書きをれり草がんむりの文字ふたつよき

ま向ひの屋根ゆく猫が見下してまだ寝をるかといふ顔したり

われ死なばかくの如くにはづしおく眼鏡一つ棚に光りをるべし

走り出ていくたびも五体投地すも己(し)が煩悩を救はむがため
-------------------------------------------------------------------------
【前川佐美雄略歴】
1903年2月5日、奈良県忍海村(現葛城市)に生まれる。
前川家は、代々林業を営む地主であった。佐美雄は父佐兵衛と母久菊の長男として生まれ、幼い頃から絵画や短歌に親しんでいた。
1922年に東洋大学東洋文学科に入学、在学中に佐々木信綱に師事し、「心の花」に入会する。その後、新井洸、木下利玄らの「曙会」にも参加する。
昭和に入って(1925年)新興短歌運動がおこると、その先頭に立ち、1930年、第一歌集『植物祭』を刊行、現代的で斬新なものを主張するモダニズムの代表的歌人として、歌壇に登場する。
しかし、1933年、父の急逝により奈良に帰郷する。
その翌年の1934年に『日本歌人』を創刊する。以後、『大和』『天平雲』『白鳳』『積日』『大和六百歌』などを刊行する。
戦前、戦中、戦後を通して歌壇の旗手として活躍し、新芸術派運動の積極的な推進者として、歌壇に浪漫主義に基づく新風を送り、優美で詩的直感の鋭い、独自の歌風を樹立した。
また、長年にわたり後進の指導育成にも尽力し、塚本邦雄、前登志夫、山中智恵子等の幾多の歌人を世におくった。
1954~88年まで、朝日歌壇の選者、1972年には『白木黒木』で第六回釈迢空賞を受賞、1986年に(旧)新庄町名誉町民、1989年には日本芸術院会員となった。
1990年に永眠。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
前川佐美雄歌集

■佐美雄の残した歌集を、制作年順に紹介。

歌集出版年 佐美雄の年齢 歌集名
昭和 5年(1930年) 27歳 処女歌集『植物祭』素人社
昭和15年(1940年) 37歳 第二歌集『大和』甲鳥書林
昭和16年(1941年) 38歳 第三歌集『白鳳』ぐろりあ・そさえて
昭和17年(1942年) 39歳 第四歌集『天平雲』天理時報社
昭和18年(1943年) 40歳 第五歌集『春の日』臼井書房
第六歌集『日本し美し』青木書店
昭和20年(1945年) 42歳 第七歌集『金剛』人文書院
昭和21年(1946年) 43歳 第八歌集『紅梅』臼井書房
昭和22年(1947年) 44歳 第九歌集『寒夢抄』京都印書館
第十『積日』札幌青磁社
昭和25年(1950年) 47歳 第十一歌集『鳥取抄』山陰観光旅行普及会
昭和39年(1964年) 61歳 第十二歌集『捜神』昭森社
昭和46年(1971年) 68歳 第十三歌集『白木黒木』角川書店
平成 2年(1990年) 87歳没
平成 4年(1992年) 第十四歌集『松杉』短歌新聞社
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■処女歌集『植物祭(しょくぶつさい)』 四季出版 昭和5年7月刊行

収録期間:大正15年9月~昭和3年10月(575首)
大胆かつ鮮烈な歌い方と、ダダイズム・シュールレアリスム運動の影響を大きく受けているのが特徴。新たな昭和の時代の始まりを告げる、画期的な歌集。
後記より・・・・「短歌をやつて革新を思はぬ程ならばよした方がいいと思ふのだ。」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第二歌集『大和』 甲鳥書林 昭和15年8月刊行

収録期間:昭和11年~昭和14年夏(550首)
後記より・・・・「正直言つて僕はこの歌集を編集しながらどうにもをさまりのつかない気持ちを味はつた。色々考へてゐると何とも言ひようのない憂鬱さに襲われる、結局は自分の作品に対する不満以外の何物でもないが・・・この歌集はさうした破れかぶれの気持ちのうちに編集を終へた。」
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第三歌集『白鳳(はくほう)』 ぐろりあ・そさえて 昭和16年7月刊行

収録期間:昭和5年春~昭和10年(410首)
前半は東京時代の歌。後半は奈良に帰住してからのもの。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第四歌集『天平雲(てんぴょううん)』 天理時報社 昭和17年3月刊行

収録期間:昭和14年8月~16年7月(710首)
後記より・・・・「この歌集の『天平雲』といふのは、絵画の方でしばしば用ひられる言葉で火雲の謂である。天平の絵画や彫刻に盛んにあらはれるものだが、私はこの雲を愛すると同時に天平の文化をこよなく愛してゐる。」
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第五歌集『春の日』 臼井書房 昭和18年1月刊行

収録期間:大正10年~昭和2年3月(755首)
「春の日以前」の章(57首含)。大正10年18歳で「心の花」に入会し、本格的に作歌活動を始めた佐美雄の初期の作品。写実的作風。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第六歌集『日本し美し』 青木書店 昭和18年刊行

収録期間:昭和16年秋~約8ヶ月間
戦争歌集(戦争賛歌)。象徴技法の歌。
歌集構成の特色は、制作年代順で戦況の進行にしたがって作品が並べられている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第七歌集『金剛』 人文書院 昭和20年1月刊行

収録期間:昭和17年夏~昭和18年秋(650首)
戦時歌集。歌集全体を「公」・「私」で区別。
前半は「公」、後半は「私」が中心となっている。
後記より・・・・「それが如何なる効果をもたらすかは分からないが、この方が私には快適な気がする。」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第八歌集『紅梅』 臼井書房 昭和21年7月刊行

収録期間:昭和21年2・3月(245首)
「甘藷の歌」は、昭和20年秋の作にもかかわらず『紅梅』に収録されている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第九歌集『寒夢抄』 京都印書館 昭和22年10月刊行

『日本し美し』や『金剛』の作品を自選または改作して、戦後に改めて出版したものである。戦争協力歌とみなされそうなものは、ことごとく削除している。
後記より・・・・「この歌集は、戦時中に出した『日本し美し』『金剛』のなかに入れないで、やむなく割愛した歌の中から五首十首と取り併せ一冊にした歌集であって、『天平雲』に続く自分の歌の本筋は、やや不明瞭としてもここにある。」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十歌集『積日』 札幌青磁社 昭和22年11月刊行

収録期間:昭和20年4月~昭和21年1月(500首)
『積日』は、「朝木集」と「残滴集」に分かれている。
「朝木集」・・・家族の鳥取疎開時代の歌(昭和20年4月~昭和21年1月)
「残滴集」・・・奈良に帰郷後の歌(昭和21年4月~11月)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十一歌集『鳥取抄』 山陰観光旅行普及会 昭和25年1月刊行

『鳥取抄』は『積日』に収容したものをも含めて鳥取疎開中の作品(上巻)と、この歌集のため昭和22年大山に登った大山行一連の作品(下巻)併せて630首からなる。(上巻)は、疎開中と敗戦直後の作品であるだけに限りない哀愁が巻全体から漂っている。(下巻)は、大山紀行を中心とする旅行詠である。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十二歌集『捜神』 昭森社 昭和39年8月刊行

収録期間:昭和22年暮れ~昭和30年(1074首)
「飛簷」は、昭和28年以降の作、「野極」は、昭和27年以前の作。二部構成で配列が逆となっている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十四歌集『白木黒木』 角川書店 昭和46年2月刊行

収録期間:昭和41年~昭和45年(648首)
後記より・・・・「私は奈良から茅ヶ崎に移り住んだ。奈良とちがつてここには亡霊や怨霊がゐない。私は憑かれない。これを機会だと思つた。奈良を去るまでの最近数年間の作だけでも先にまとめようと思つた。」
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十三歌集『松杉』 短歌新聞社 平成4年7月刊行

収録期間:昭和31年~昭和40年(558首)と昭和20年代の補遺作品43首を収める。
『白木黒木』の後記より・・・・「三十一年から四十年まで、まる十年間の作は残つてゐる。出版の順は逆になつたが、これらのものもおひおひと集にまとめたいと思つてゐる。さうでないとやはり具合悪いのである。」

その他の作品集

『カメレオン』同人39名を率いて『日本歌人』創刊

保田與重郎企画の浪曼叢書の第一冊として選集『くれなゐ』を出版
合同歌集『新風十人』に作品35首収録

肉筆歌集『奈良早春』を大八洲出版より出版
評論集『短歌随感』を臼井書房より出版
歌集『植物祭』の増補改訂版を靖文社より出版
選集『一茎一花』を目黒書店より出版
自選『一千歌集』を養徳社より出版
歌集『饗宴』を三興出版より出版

角川文庫『前川佐美雄歌集』を出版

『秀歌十二月』を筑摩書房より出版
『日本の名歌 古典の四季』を社会思想社より出版
『大和六百歌』を短歌新聞社より出版

『前川佐美雄歌集』を五月書房より出版
『大和まほろばの記』を角川書店より出版
永眠
『前川佐美雄全集第一巻』小沢書房より出版
『前川佐美雄全集第一巻短歌Ⅰ』砂子書房より出版

《参考文献》『短歌現代』1990年5月号(短歌新聞社)・『日本歌人』1991年7月号(日本歌人発行所)・『鑑賞現代短歌-前川佐美雄』伊藤一彦(本阿弥書店)
-------------------------------------------------------------------------
ネット上に載る別の記事を下記に転載しておく。上の新庄図書館が公のものであるので、表現を抑制しているのに対して、この記事は赤裸々に書いてあるからである。
佐美雄を語るときに「没落地主」という、彼のコンプレックスを抜きにしては語れないと思うからである。

新庄町で生まれた歌人 前川佐美雄

前川佐美雄は明治36年、現在の忍海(おしみ)小学校の辺りの代々続いている大地主である家の長男として生まれました。
現在でも佐美雄のことを記念して忍海(おしみ)小学校では、佐美雄作の校歌を歌っています。

大正7年、15歳で下淵(しもふち)農林学校(現在の吉野高等学校)に入学した佐美雄は、油絵を描いたり、文学史を読んだりして、この間に芸術的な才能や視野などを大いに養ったようです。
在学中の大正9年12月、朝日新聞大和版の大和歌壇で

「秋更けぬ 竹林院のさ庭べに つめたくさける白菊の花」の処女作を発表

大正10年下淵(しもふち)農林学校を卒業、歌人 佐々木信綱の主催する「ちくはくかい」に入会し、薬師寺で一ヶ月間の合宿を行(おこな)っています。
また、この年の12月、隣家の出火の延焼で、家屋を半焼する不幸に見舞われました。

大正11年、東洋大学に入学し、歌人仲間と親交を深めながら、大正14年卒業後、自分の生き方に疑問を持ちながら小学校の代用教員として勤務していました。
大正15年、親族4家が相次いで没落し、その借財の連帯保証人に佐美雄の父がなっていたことで家運が傾き、母の実家に移り住むこととなりました。
この頃、歌壇の風潮に疑念を抱いていた佐美雄は、古賀春江に注目しはじめていました。

昭和5年7月、前衛的作風の洋画家 古賀春江の装丁(そうてい) 佐々木信綱の序で、処女歌集、植物祭を発行、昭和9年6月カメレオンの同人39名を率いて日本歌人を創刊しました。
昭和45年12月神奈川県 茅ヶ崎市に移り住み、翌46年に新庄町の前川家の菩提寺である極楽寺に歌碑を建立しました。
その同じ年に、歌集「しろきくろき」を発行。

その後記に「私は奈良から茅ヶ崎に移り住んだ。ここには亡霊や怨霊がいない。私はつかれない、これを奇怪だと思った。」
と語っています。

学生時代に芽生えた歌人としての生命。その革新的精神とともにシュールレアリズムに深く傾倒し、奈良から離れた茅ヶ崎の地でやまと歌人として、逃れられない自分の運命に改めて気づいたのではないでしょうか・・。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.