K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
若き尼御厨子に春の灯をささぐ・・・・・・・・・・・・・・水原秋桜子
E5AF82E58589E999A201寂光院

    若き尼御厨子に春の灯をささぐ・・・・・・・・・・・・・・水原秋桜子

掲出の水原秋桜子の句は、ここ寂光院で詠まれたものである。
京の洛北の寂光院も由緒ある土地である。

寂光院
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寂光院(じゃっこういん)は、京都市左京区大原にある天台宗の寺院。山号を清香山と称する。寺号は玉泉寺。本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は聖徳太子と伝える。
平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。

起源と歴史
寂光院の草創について、明確なことはわかっていない。
寺伝では推古天皇2年(594年)、聖徳太子が父用明天皇の菩提のため開創したとされ、太子の乳母玉照姫(恵善尼)が初代住職であるという。
しかし、江戸時代の地誌には空海開基説(『都名所図会』)、11世紀末に大原に隠棲し大原声明を完成させた融通念仏の祖良忍が開いたとの説(『京羽二重』)もある。
哲学者梅原猛は、大原が小野妹子の領地であったことなどから、聖徳太子開基もありうるとしている。
現在、寂光院はそうした草創伝説よりも、『平家物語』に登場する建礼門院隠棲のゆかりの地として知られている。

建礼門院徳子(1155-1213)は平清盛の娘、高倉天皇の中宮で、安徳天皇の生母である。
寿永4年(1185年)、壇ノ浦で平家一族が滅亡した後も生き残り、侍女の阿波内侍とともに尼となって寂光院で余生を送った。
寂光院や三千院のある大原の里は、念仏行者の修行の地であり、貴人の隠棲の地であった。
平家一門と高倉・安徳両帝の冥福をひたすら祈っていた建礼門院をたずねて後白河法皇が寂光院を訪れるのは文治2年(1186年)のことで、
この故事は『平家物語』の「大原御幸」の段において語られ、物語のテーマである「諸行無常」を象徴するエピソードとして人々に愛読された。

境内
本堂は淀殿の命で片桐且元が慶長年間(1596-1615)再興したものであったが、平成12年(2000年)5月9日の不審火で焼失した。
この際、本尊の地蔵菩薩立像(重文)も焼損し、堂内にあった建礼門院と阿波内侍の張り子像(建礼門院の手紙や写経を使用して作ったものという)も焼けてしまった。
現在の本堂は平成17年(2005年)6月再建された。同時に新しく作られた本尊や建礼門院と阿波内侍の像も安置されている。

宝物殿は「松智鳳殿」という名称で、平成18年(2006年)10月に開館した。
建礼門院の陵墓はもともと境内地にあったが、明治以降は宮内省(現・宮内庁)の管理下に移り、境内から切り離されている。

文化財
地蔵菩薩立像(重文)-当寺の旧本尊である。寛喜元年(1229年)の作で、像高256センチの大作である。
像内に3,000体以上の地蔵菩薩の小像ほか、多くの納入品を納めていた。
2000年に起きた本堂の火災の際、(2007年5月9日時効成立)本体は焼損したが、像内納入品は無事で、現在も「木造地蔵菩薩立像(焼損)」の名称で、像内納入品ともども重要文化財に継続して指定されている。
現在は本堂よりも高台にある収蔵庫に安置され、特定日のみ一般に公開される。
なお、新しい本尊像は財団法人美術院国宝修理所によって3年半をかけて制作され、2005年に完成した。
ヒノキ材の寄木造で、旧本尊の新造時の姿を忠実に模している。
建礼門院と阿波内侍の像は、もともと張り子像であったが、今回木造で作り直された。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下、大原、寂光院を詠んだ句を少し引く。

     春雨や寂光院の傘さして・・・・・・・・・野村泊月

     五月咲きあはれやあはき大原菊・・・・・・・・水原秋桜子

     旅ここに寂光院は春の寂・・・・・・・・・飯田蛇笏

     春雨の冷ゆれば椿咲きつれば・・・・・・・・長谷川かな女

     寂光院春ゆくままの松さくら・・・・・・・・・萩原麦草

     翆黛とひもすがらある桜狩・・・・・・・・後藤夜半

     寂光院にゆきてもみたく花疲・・・・・・・・星野立子

     鮠(はや)透くや齢ひそかなる尼の肌・・・・・・・・飯田龍太

     ひそひそと女人の哀史桃の雨・・・・・・・・・山室善弘

     巣燕や寂光院前階(はし)まろし・・・・・・・・藤村多加夫

     花散りてなほ訪ふ人や若楓・・・・・・・・・高浜虚子

     廊わたる尼袖あはせ若楓・・・・・・・・・飯田蛇笏
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
t_sanzen_01三千院

写真②は「三千院」である。
この寺についても、先に記事を書いたことがある。
以下、ここを詠んだ句を引いて終わる。

     このわたり魚山といへり春炬燵・・・・・・・・川崎展宏

     春惜む三千院の茶店かな・・・・・・・・野村泊月

     落つばきしてゐる上を仰ぎけり・・・・・・・・星野立子

     万作と教へて呉れし花に似る・・・・・・・・杉本零

     春雨や踏んでもみたき苔だたみ・・・・・・・・千田万秋


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.