K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
詩誌「QUARTETTE」カルテット創刊号・・・・・・・・・・木村草弥
クワトロ_NEW

──山田兼士の詩と詩論──(11)

      詩誌「QUARTETTE」カルテット創刊号・・・・・・・・・・木村草弥
                      ・・・・・・2016/03/10刊・・・・・・・

かねて山田先生が構想を練って来られた同人誌が発行された。
同人は、萩原朔太郎記念とをるもう賞受賞者・江夏名枝。中国人詩人・田原。歌人で山田兼士夫人・山下泉。そして山田兼士先生の計四人である。
雑誌名の通り、この四人で、これからも運営して行かれるものと思われる。

目次を引いておく。


蛇いちご               江夏名枝
無題 Ⅴ                田 原
月光の背中             山田兼士
光の顎                江夏名枝

短歌
微かな時               山下 泉

翻訳
小散文詩 パリの憂愁( 46~50 )  シャルル・ボードレール
                       訳・解説 山田兼士

評論
歌のなかの時間──高安国世歌集『新樹』まで そのⅰ   山下泉

後記
--------------------------------------------------------------------------------
       蛇いちご          江夏名枝

  人形箪笥の奥が怖くて
  からっぽに木目がだまりこくる、
  ひたいを寄せて匂いを嗅いだ
  天神さまの細道もここで終わっていた

  探せば狐に憑かれてしまう
  いつもひとに馴染まない道があり
  はばかることなく
  空はかならず焼けていた

  人形は横に寝かせると目をつむった
  おもうだけのつぼみを川に放ち
  一日を供養しても
  影が消えると先回りされる

  朱色の糸を繰るうちに
  漏れるように通じてくる細道
  夕暮れの煙へと溶かれる狐らしきもの、
  剥ぐように鼻のあたりを掻いている
---------------------------------------------------------------------------
この詩は、かつて昭和の時代まであった「天神さまの細道」の光景を詠んだものである。
私の住む辺りも田園であるが、江夏さんの育ったところも都会ではなく、狐の出てきそうな田舎だったようである。
「蛇いちご」という題も的確である。

田原の詩は八ページに及ぶ長いもので、ここに引くことはしない。 作品の終りには「二〇一五年十一月二十六日 稲毛海岸にて」という日付が入れられている。
山田兼士の「月光の背中」の詩は「─月の光を 背にうけて(川内康範作詞「月光仮面の歌」より)」という添え書きがついている。
或る寺院の「月光菩薩」の姿と月光仮面の歌とをコラージュして三ページの詩に仕立てあげた。

江夏の「光の顎」という詩は散文詩になっている。 三ページに及ぶ長い作品である。
-------------------------------------------------------------------------------
     微かな時       山下 泉

  めざましき松の美貌を巡りゆき視線の秋のただなかにいる

  秋の雨からだの外に出て降れり白鳳展にまなこ閉ずれば

  「思われる。」ではなく「思う。」と文末は一重瞼の弥勒のように

  夕列車むかう西方薔薇星雲のこるくまなく小籠に摘んで

  エピファニー、言葉の鏡を割ろうとも鏡の言葉は光らぬままに

  雨明かり木蔭にひらくハンティング・ナイフどこまでふかくふるさと

  うそ寝する背中に睫毛あたるとき闇が喀きだす火のごときもの

  遠くから見えているのは飾り窓つはくらめの巣や涙骨のせて

  虹に会うかすかな時も運ばれて海辺の墓地のような駅まで

  にんげんのすべては記憶と青年は草原の扉うしろ手に閉ず
--------------------------------------------------------------------------------
山下泉は、自分でも詩人というだけあって、歌の構成の仕方が「詩」的である。
ついでに書いておく。 「歌のなかの時間」という高安国世・詩論のことだが、私は京都大学で高安からドイツ語の授業を受けたことがある。
リルケの信奉者かつ研究者として知られる高安だが、母親がアララギの熱心な歌人だった関係で幼い時から短歌に親しんでいた。
実家は医者の家系で両親は医師にしたかったらしいが、彼はドイツ文学者になる道を選んだ。
この小論にも引かれているが、第一歌集の巻頭の歌
  ・かきくらし雪ふりしきり降りしづみ我は真実を生きたかりけり
は、そういう両親の希望に反してドイツ文学者の道を選択するという高安国世の「決意表明」みたいなものである、と私は読み取った。このことは、かって、このブログの前身で書いたことがある。
この歌は、歌のリズムとしても「かきくらし」「ふりしきり」「降りしづみ」という、畳みかけるようなルフランの効果が効いていて秀逸な、私の好きな歌である。
高安さんは子供に夭折されるなど、他にも子供のことで悩むことが多かったらしい。私の次兄・重信に絵の巧い子供の進路のことで相談に来られた、というようなことを私的にも知っているので、なおさらである。
ここでは私的なことには触れない。
アララギのリアリズムを止揚して、高安さんは「主知的リアリズム」を主張された。これは現在の永田和宏の「塔」にも受け継がれていると言えよう。
-----------------------------------------------------------------------------------
いずれにしても、この同人誌の発刊を悦びたい。半年刊をめざしておられるようである。
ご恵送に感謝して、ここに披露する次第である。 有難うございました。





コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.