K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
草餅を焼く天平の色に焼く・・・・・・・・・・・・有馬朗人
b0033423_10394012草餅

     草餅を焼く天平の色に焼く・・・・・・・・・・・・有馬朗人

この句については、別に何も注釈する必要もない。
この句は奈良の地を吟行したときのもので、遥か昔の天平文化に心を馳せて「天平」の言葉が入れられているらしい。
有馬朗人は東京大学理学部物理学科卒で、東大総長を先年つとめた。昭和5年生まれ。ホトトギスで山口青邨に師事。
句集『天為』により昭和63年第27回俳人協会賞を受賞。
教授として海外の滞在が長く、海外吟が多い。今は国際俳句交流協会名誉会長を務めている。
以下、句を引いて終わりにしたい。
-----------------------------------------------------------------------

 山蚕(やまこ)殺しし少年父となる夕べ

 梨の花夜が降る黒い旗のやうに

 ミルクこぼれ一面復活祭の夜

 虹二重(ふたへ)二重のまぶた妻も持つ

 烏瓜もてばモジリアニイの女

 初夏に開く郵便切手ほどの窓

 裏街の福音耳まで凍てて聞く

 イエスより軽く鮟鱇を吊りさげる

 妻告ぐる胎児は白桃程の重さ

 異邦人どうしが分つ木椅子の冷

 初日さす寝巻すがたのバルザック

 失ひしものを探しに冬帽子

 ジンギスカン走りし日より霾(つちふ)れり

 麦秋やここなる王は父殺し

 紙漉くや天の羽衣より薄く

 光堂より一筋の雪解水

 晩成を待つ顔をして狸かな

 根の国のこの魴鮄(ほうぼう)のつらがまへ

 月山の木魂と遊ぶ春氷柱
---------------------------------------------------------------------
よく知られていることだが、ネット上に載る記事を転載しておく。
arima有馬朗人

有馬朗人
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

有馬 朗人(ありま あきと、1930年9月13日 ~ )は、日本の俳人・物理学者・政治家。大阪府出身。東京大学理学部物理学科卒。

略歴
1953年3月:東京大学理学部物理学科卒業、
1953年4月:東京大学理学部大学院入学
1956年:東京大学原子核研究所助手
1958年:理学博士号を取得。
1971年:ニューヨーク州ストニーブルク校教授
1975年:東京大学理学部教授
1989年:東京大学総長(1993年まで)
1993年:理化学研究所理事長(1998年5月まで)
1998年:参議院議員(2004年7月25日まで)、文部大臣(1999年10月まで)
1999年:科学技術庁長官兼務(1999年10月まで)(文部省と科学技術庁の統合による文部科学省設置に基づく)
2000年:(財)日本科学技術振興財団会長
2004年: 科学技術館館長

受賞歴
1978年:仁科記念賞
1990年:フランクリン・インスティテュート・ウエザリル・メダル(アメリカ)、ドイツ連邦共和国功労勲章(大功労従事賞)
1993年:日本学士院賞、ボナー賞(アメリカ物理学会)
1998年:レジオン・ドヌール勲章
2002年:名誉大英勲章(KEO)
2004年:文化功労者、旭日大綬章

俳人としての活動
中村草田男・加藤楸邨らの亡き後の日本を代表する俳人として活躍。
「失いしものをさがしに冬帽子」などの句がある
『天為』主宰
東京大学俳句会の指導。

物理学者としての活動
原子核物理学の権威として、原子核構造論などでの研究を進める。
東京大学で研究を行い、のちに東京大学総長に登りつめる(在職:1989年 - 1993年)。
日本学士院賞、ベンジャミン・フランクリンメダルなどを受賞。
2005年の世界物理年では日本物理学会が組織した同日本委員会の委員長を務める。

政治家としての活動
1998年、自由民主党から第18回参議院議員通常選挙に出馬。同党の比例代表名簿1位に搭載され、難なく当選。(選挙出馬直前に埼玉大学で有馬氏を学長にしようという運動が本人のおそらく知らないところであり、一時期次期学長有力候補となったことがあった。)
東大総長・俳人・学者といったマルチな経験が買われ、小渕恵三の大英断によって、参院議員当選直後の小渕内閣から小渕内閣第1次改造内閣において文部大臣・科学技術庁長官に就任(1999年10月に退任)。
中央教育審議会会長在籍時に独自の「ゆとり教育論」を展開したが、官僚により別解釈に用いられたことを遺憾に思っている。提唱した教育論は、指導要領の増えすぎた科目を融合させること。例えば世界史と日本史を一元的に学ぶことや数学の言葉を英語で学ぶことにより知識の壁を取り払い、また科目の増化傾向を避け、応用力をつけさせることが重要と述べている。また、日本人の若者の学力は低下しているわけではないことを説明するなど、各地で行われる講演会での評判は高い。2002年、ある小さな予備校(早慶外語ゼミ)が将来の若者のためにぜひと講演依頼をした際には多忙な中でスケジュールを調整しボランティアで熱気あふれる講演したことは予備校関係者の間で伝説となっている。
2004年の第20回参議院議員通常選挙には出馬せず、参議院議員1期・6年で政界からは引退。

著書
原子と原子核
量子力学
物理学は何をめざしているのか
句集母国
句集耳順

浜松やらまいか大使としての活動
幼少期に静岡県浜松市在住だったことから、浜松市の親善大使『浜松やらまいか大使』20人の一人として2005年10月より就任。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.