K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
大いなる月の暈ある夕べにて梨の蕾は紅を刷きをり・・・・・・・・・・・・・木村草弥
E6A2A8E381AEE88AB1E382A2E38383E38397EFBC92梨の花

   大いなる月の暈(かさ)ある夕べにて
          梨の蕾は紅を刷きをり・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るものである。
写真は蕾でなく開いた梨の花だが、「二十世紀」という種類である。
ほぼ真白だが、心持ち少しピンクがかっていると言えようか。
写真②が純白の梨の花である。

CIMG22711梨の花

梨の栽培は、外国では芸術的な大きな梨は余り作らないので、なるべく手間のかからない栽培をするが、日本では労働集約的な手間をかけて立派な果実を作ろうとする。
梨の受粉も、花粉を人手で一つ一つ雌蘂に付けるという大変な手間をかける。
受粉が済んだら、よい実だけを残して、あとは全部もぎとる「摘果」という作業をする。
その後には一つづつ紙袋をかぶせるという手間をかける。
この頃では「無袋」栽培というのも一部では行なわれてはいるが、主流は「袋」ありである。
写真③が受粉作業の様子。

CIMG22701梨の受粉

筆の先に雄しべの花粉をつけて、花の雌蘂に一つ一つつけてゆく大変な作業。
梨の木は落葉する木で冬には幹と枝だけである。冬の間に徒長枝などを剪定して活かす枝だけを残す。
先年秋に、梨の実で、このBLOG記事に 梨の実 のことで少し書いた。二十世紀という梨の株の最初の開発者のことなども書いたので、参照してもらいたい。
写真④が広い梨畑に一斉に花が咲いた様子である。

CIMG23251梨の花畑

古来、梨の花は俳句に詠まれてきたので、それを引く。

 梨棚の跳ねたる枝も花盛り・・・・・・・・松本たかし

 青天や白き五弁の梨の花・・・・・・・・原石鼎

 梨咲くと葛飾の野はとのぐもり・・・・・・・・水原秋桜子

 梨の花わが放心の影あゆむ・・・・・・・・山下淳

 多摩の夜は梨の花より明けにけり・・・・・・・・斎藤羊圃

 能登けふは海の濁りの梨の花・・・・・・・・細見綾子

 梨の花郵便局で日が暮れる・・・・・・・・有馬朗人

 はてしなき黄土に咲いて梨の花・・・・・・・・青柳志解樹

 キリストの蒼さただよふ梨の花・・・・・・・・福田甲子雄

 梨の花白にはあらず黄にあらず・・・・・・・・信谷冬木


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.