K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
ががんぼの五体揃ひてゐし朝・・・・・・・・・・・・・・・平山邦子
gaganbo2ガガンボ

     ががんぼの五体揃ひてゐし朝・・・・・・・・・・・・・・・平山邦子

「ががんぼ」は極めて弱い虫で、ちょっと触れるだけで、すぐ足がもげてしまう。
この句は、そういう様子を巧く句にまとめている。

私の歌にも、こんなものがある。

    ががんぼを栞となせる農日記閉ざして妻は菜園に出づ・・・・・・・・・・・木村草弥

この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。
ガガンボというのは「蚊とんぼ」という場合もあるが、蚊の姥(うば)からなまったもので、「かがんぼ」が正しいとも言われている。
蚊を大きくしたような虫で、細くて長い足を持ち、その足もすぐにもげる。人には害は与えない。

この歌に詠っているのは、まだ妻が元気で菜園に出ていた頃の作品で、農日記と称する手帳をつけていて、たまたま、
そのページにガガンボが止まったまま閉じたので、栞のようにガガンボが挟まれている、という情景である。
妻は都会育ちの人で農作業に関しては全くの素人であるが、農村育ちの私の母などから教えられて、農作業を覚えていった。
素人だから、何ごともメモしておく習慣がつき、ひところは狭いながら菜園を作っていた。
同じ歌集に

   母よりも姑(はは)と暮らすが長しと言ひ妻は庭べの山椒をもぐ

という歌が載っている。
このようにして農作業に従事してゆくうちに、ものを「育てる」「収穫する」という喜びを体験して、だんだん農作業が面白くなってきて、
ナスやキュウリ、トマトなどを育ててきたのである。
いっぱし農作業に精通しているかのように、私に手伝いの指示を出したりするようになった。
農作業についての妻を詠ったものは、まだたくさんあるので、またの機会に書きたい。
それらのことも妻が死んだ今となっては、懐かしい思い出である。
花や植物の名前などは、私は妻に教えられたものが多いのである。

ガガンボを詠んだ句を引いて終わる。

 ががんぼの脚の一つが悲しけれ・・・・・・・・高浜虚子

 ががんぼのかなしかなしと夜の障子・・・・・・・・本田あふひ

 蚊とんぼの必死に交む一夜きり・・・・・・・・山口誓子

 ががんぼのタップダンスの足折れて・・・・・・・・京極杞陽

 ががんぼに熱の手をのべ埒もなし・・・・・・・・石橋秀野

 ががんぼの悲しき踊り始まりぬ・・・・・・・・伊藤いうし

 ががんぼにいつもぶつかる壁ありけり・・・・・・・・安住敦

 ががんぼの音のなかなる信濃かな・・・・・・・・飯田龍太

 蚊の姥の竹生島から来りしか・・・・・・・・星野麦丘人

 ががんぼの一肢かんがへ壁叩く・・・・・・・・矢野渚男

 ががんぼの脚を乱して外の闇へ・・・・・・・・星野恒彦

 ががんぼを恐るる夜あり婚約す・・・・・・・・正木ゆう子

 ががんぼの溺るるごとく飛びにけり・・・・・・・・棚山波郎

 



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.