K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
藤原光顕の歌「あとさきもなく⑤」・・・・・・・・・・・木村草弥
芸自_NEW

──藤原光顕の歌──(26)

      藤原光顕の歌「あとさきもなく⑤」・・・・・・・・・・・木村草弥
             ・・・・・・・「芸術と自由」誌No.304/2016/04/01掲載・・・・・・・・

         あとさきもなく 5

  玄関を開ければ笑って出てきそうでペダルを漕ぐ 坂上がりきるまで

  迷ってまた玄関に置く 少し汚れた妻のウオーキングシューズ

  まだ出てくるアルバム何冊寒い午後をまたさかのぼる三十何年

  かあちゃんはたぶん知っていた水仙は庭の見えない隅から咲くと

  オモチャみたいな炊飯器で毎日一合炊く毎日一口ずつ余る

  鍋を手にぼんやりいる何秒かみそ汁の具が豆腐になるまで

  炊飯器の左側に置く あの人が決めた定位置へポットを置く

  声に出そうになってのみこむ ひとり用なんとか鍋の白菜が甘い

  転がしたままの蕗の薹三つ とりあえず今夜はカレーを温めよう

  乏しくなった札を数えた昨日のこと視ていた眼鏡が今日は壊れる
----------------------------------------------------------------------------
藤原さんの作品である。
先に⑥を載せたが、本日到着したのは先に発表された⑤である。
発表誌の発売の前後による食い違いであるから、ご了承願いたい。
相変わらず、奥さんを亡くされた哀愁に満ちた一連である。
藤原さん、ご自愛ください。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.