K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
雨ニモマケズ/風ニモマケズ/丈夫ナカラダヲモチ/サムサノナツハオロオロアルキ・・・・・・・・・宮澤賢治
img_1170918_60100808_5宮沢賢治

       雨ニモマケズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮澤賢治

     雨ニモマケズ
     風ニモマケズ
     雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
     丈夫ナカラダヲモチ
     慾ハナク
     決シテ瞋ラズ
     イツモシヅカニワラッテヰル
     一日ニ玄米四合ト
     味噌ト少シノ野菜ヲタベ
     アラユルコトヲ
     ジブンヲカンジョウニ入レズニ
     ヨクミキキシワカリ
     ソシテワスレズ
     野原ノ松ノ林ノノ
     小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
     東ニ病気ノコドモアレバ
     行ッテ看病シテヤリ
     西ニツカレタ母アレバ
     行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
     南ニ死ニサウナ人アレバ
     行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
     北ニケンクヮヤソショウガアレバ
     ツマラナイカラヤメロトイヒ
     ヒドリノトキハナミダヲナガシ
     サムサノナツハオロオロアルキ
     ミンナニデクノボートヨバレ
     ホメラレモセズ
     クニモサレズ
     サウイフモノニ
     ワタシハナリタイ

     南無無辺行菩薩
     南無上行菩薩
     南無多宝如来
     南無妙法蓮華経
     南無釈迦牟尼仏
     南無浄行菩薩
     南無安立行菩薩

---------------------------------------------------------------------------
底本:「【新】校本宮澤賢治全集 第十三巻(上)覚書・手帳 本文篇」筑摩書房 1997(平成9)年7月30日初版第1刷発行

まだ夏が始まったばかりなのだが、岩手県や宮城県など太平洋岸は「冷夏」──東北で言う「やませ」に悩まされてきた。
掲出した賢治の詩は、そういう「やませ」に際して詠まれた作品である。
私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に次のような一連がある。

     みちのく飢饉・・・・・・・・・・・・木村草弥

  やませ吹き稔らぬ村を賢治詠むサムサノナツハオロオロアルキ

  稔らざる粃(しひな)ばかりの稲藁を焼き払ひゐる男の無念

  米穫(と)れず白湯(さゆ)のみゐるかみちのくは茶も売れぬなり平成五年

  みちのくに米穫れざればわが商ひ三割減りて師走に入りぬ

  農すてていづかたに移りゆくらむか「転居先不明」の数おびただし

  歩いても駈けても年は詰まり来て唄はぬ喉を師走風過ぐ

この作品の中の日付を見ると、平成五年が東北の大冷害だったことが判る。
先年、東北に旅したが、その折、この「やませ」というのが低温で濃い霧が立ち込め、何日も何日も日射しが遮られて日照不足で稲が稔らないのだということを体験した。

先年の三月には東日本大震災と大津波に三陸は見舞われた。
宮澤賢治が生きていたら、どんな作品を書いただろうか。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.