K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
三代に憂き事もあれ古時計いま時の日に平成刻む・・・・・・・・・・・木村草弥
145-4569_IMG古時計大

   三代に憂き事もあれ古時計
     いま時の日に平成刻む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。
「平成」に替わった、早い時期に作ったものだろうと思われる。

今日6月10日は「時の記念日」である。
この歌のように、私の家にも古時計があって、ゼンマイを巻く方式のもので、螺子を巻く仕事は子供に責任を持たされていたものだった。
今の家に建て替えるまでに二度引越しをしたので、いま古時計がどうなったかは判らない。
あるいはどこかに仕舞ってあるかも知れない。

そんなことで、掲出した写真の時計はネット上の「古時計」販売サイトから拝借した。
この時計は明治後期製作の「愛知時計」製のもので、中古品だが58000円の値がついている。
このメーカーは国産時計として割合名前の知られたところである。
この時計などは、まだ値が低い方で、何十万というような高い値のついているものもある。

「時の記念日」ということで、ネット上に載る記事を転載しておく。
-------------------------------------------------------------------------
セイコー株式会社(社長:村野晃一)では、2004年の時の記念日(6月10日)にちなんで、現代に生きる日本人を対象とした「時間の過ごし方」についてのアンケートを実施し、男女合わせて500名から回答を得ました。
現代人は、競争社会が激化する中、ビジネスではますます多忙になり、またプライベートにおいても生活環境が変化する中、やりたいこと、やるべきことが積み重なり、時間のやりくりをいかに上手くこなすかが課題となっています。こうした中、人々はどのように時間を管理しているのでしょうか。本調査では、最初に「時間管理が上手くできているか?」、「時間を管理するための考え方や行動は?」といった質問を用意。さらに、時間管理の考え方がストレートに反映される「人との待ち合わせ」について、「待ち合わせる際の約束の仕方」、「待つ時間、待たせる時間の相手別(目上の人、恋人、家族、友人)の許容時間」といった質問に対する回答を求め、相手別、男女別、世代別の意識の違いを分析しました。

さらに、昨年に引き続き、 「日常生活の中で増やしたい時間、減らしたい時間」、「最近、自由な時間が増えているかどうか」といった基本的な質問も用意し、昨年との比較でどのように人々の意識が変化したかを分析し、報告しております。

時の記念日は1920(大正9)年に制定されました。当時の日本人に欧米人なみに時間を尊重する意識を持ってもらう事を願い、生活改善同盟会が「日本書紀」の天智天皇の条、水時計創設の記によって6月10日を選定。時間の大切さをかみしめる日と意義づけられています。

「時の記念日」の認知度について調査したところ、「知っていた」と回答した人が最も多く4割強。「何となく聞いたような気がする」を合わせると、7割以上の人が「時の記念日」の存在を認知しているという結果が出ました。また、年代別で見ると、「知っていた」との回答は年代が上がるにつれて増え、60歳以上では7割近く。また「何となく聞いたような気がする」を合わせた認知度については、40代が93%と最も多いことが判明しました。

意識は高いが実態は…
*意識は高いが、5割以上が不得手と感じている
*遅刻を防ぐために“時計を進める”シンプルな手法を4人に1人が実践
*携帯電話が普及しても、待ち合わせは時刻を指定して

相手を待つなら25分、待たせるなら17分
*目上の人は、待つが待たせない“敬う関係”
*家族は、待たないが待たせる“厳しい関係”
*友人は、待たないし待たせない“節度ある関係”
*恋人は、待ちたいし待たせたい“スイートな関係”

現代人の時間の過ごし方について
*「増やしたい時間」「減らしたい時間」「自由な時間」
--------------------------------------------------------------------------
まだまだあるが、以下は省略しておく。
とにかく「現代人」は、時間、時刻に追われている毎日である。
それに、幼い時、若い時に比べて、歳をとると日時の経つのが加速度的に速いのが実感させられる。
絶対的な時間というのは物理的に同じなのに、このような「感覚」というのは、どういうことなのだろう。
「歳月人を待たず」とか「歳月は非情である」とかいう諺があるが、このような諺を作った人は、おそらく老人であって、
私が上に書いたような実感を持ったが故であったろう、と思われる。
「時の日」にあたって私の感慨を披露してみた。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.