K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
鶴首の瓶のやうなる女うたふ<インパラディスム>清しき声音・・・・・・・・・木村草弥  
moziriani.jpg
     
    鶴首の瓶のやうなる女うたふ  *
           <インパラディスム>清(すが)しき声音(こはね)・・・・・・・・・木村草弥

                       *「楽園にて」の意。フォーレ「レクイエム」より 

この歌は私の第五歌集『昭和』(角川書店)に載るものである。
この歌を作った直接の場面は京都市コンサートホールでのフォーレの「レクイエム」を聴いたときである。
この場面では、私の三女が臨時に編成された合唱団に入って、この「レクイエム」を歌った。
三女は器楽の演奏家だが、気晴らしのために誘われて合唱団に参加したのであった。
もう二十数年も前のことで、私たち夫婦と子供たち一族で行ったが、本格的なコンサートで、幕合間にはホワイエでワインを呑んだりした。

フォーレの「レクイエム」は全部で七曲あり、「イン・パラディスム」は第七曲である。
-----------------------------------------------------------------------------------
第7曲:In Paradisum(楽園へ)


In paradisum deducant angeli:1

楽園へと、導きますように、天使たちが:

in tuo adventu suscipiant te martyres,2

あなたの到着のときに迎え入れますように、あなたを殉教者たちが、

et perducant te in civitatem sanctam Jerusalem.3

そしてあなたを案内しますように、聖なる街エルサレムへと。

Chorus angelorum te suscipiat,4

輪になって歌う天使たちがあなたを迎え入れますように、

et cum Lazaro quondam paupere5

そしてラザロとともに、かつて貧しかった(彼とともに)

aeternam habeas requiem.6

永遠に、保ちますように、安息を。

最後の曲は、棺が運び出されるときに歌われる交唱です。第6曲では一人称の祈りになりましたが、こんどは二人称で「あなた」と死者に語りかけます(ここまで、二人称の対象は神でした)。
魂が楽園へと向かう音楽は、木洩れ日がきらめくようなオルガンのアルペジオで始まります。天を目指すごとく跳躍するソプラノの旋律は、導音が徹底して避けられているのが特徴です(譜例15)。伴奏の和音も、トニカとサブドミナントの揺れ動きで、ドミナントは出てきません。
op48-7-3フォーレ・レクイエム
その分、「そしてあなたを案内しますように」で初めて出る変化音(D♯)は印象的です。伴奏も導音を半音下げて借用和音上の属七で戯れるため、ふわふわと漂う感じ。そして「エルサレム」を何度も繰り返しながらト長調、ホ長調と転調を重ねて、イ長調をドミナントにニ長調に戻ってきます。和音の陰影が変わるたびに、光が異なる方向から差すかのようです。
ハープが加わって最初の形を模倣した後、「そしてラザロとともに」からは頻繁な転調で嬰ハ短調までたどり着きますが、頂点の「永遠の」で大きく舵を切って元の調に戻ります。最後は安定したニ長調のハーモニーで「永遠に保ちますように」が歌われ、作品の冒頭と同じrequiemの言葉で静かに幕を閉じます(この言葉で始まるから「レクイエム」と呼ばれるわけですが、最後も同じrequiemで終えるのは、おそらくフォーレが初めてです)。
--------------------------------------------------------------------------------- 
lrg_11064000モリジアニ
掲出した画像は、モリジアニの絵で、彼の描く女は、いずれも「鶴首」のように長いので、感覚的なものとして出してみた。
 
蛇足だか、普通に「鶴首」瓶と言えば、こんなものがある。 

img_192800_24262734_0高麗青磁
 ↑ 高麗青磁鶴首瓶
0924景徳鎮鶴首瓶
↑ 景徳鎮鶴首瓶  


                
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.