K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
椎落花煩悩匂ふ無尽かな・・・・・・・・・・・・・・・川端茅舎
20100321164925742椎の花

    椎落花煩悩匂ふ無尽かな・・・・・・・・・・・・・・・川端茅舎

椎(しい)の花は5、6月になると、深緑色の葉に混じって、強い甘い香りのする淡黄色の雄花が穂状に開く。
スダジイとツブラジイがあり、スダジイの実は円錐形、ツブラジイの実は球形と、やや違うが、共にブナ科の常緑喬木、20メートルから25メートルにも達する。
暖地の木である。雌雄同株で虫媒花だが、雄しべが花粉を撒くと、穂ごと雄花は落ちる。
強い匂いで、酔うような異様な雰囲気になる。美しい花ではないが、セクシーな、活力のある空気を生み出す。
だから、掲出した川端茅舎の句でも「煩悩匂ふ無尽」と表現している。
しかも時期としては「落花」を詠んでいるのである。
私の歌にも歌集『嬬恋』(角川書店)所載

   饐(す)ゆるごとく椎の花咲き斎庭(ゆには)なる仁王の像は固く口つぐむ・・・・・・・・・・・・木村草弥

というのがあるが、掲出した句の方が佳いと思って、この句を掲げる。
俳句にも多くの椎の花の句があるが、総じて上に述べたような句境のものが多い。それを引いて終わる。

 旅人のこころにも似よ椎の花・・・・・・・・松尾芭蕉

 尾長どり巣かけし椎は花匂ふ・・・・・・・・水原秋桜子

 椎咲くや恋芽ぐみゐる英語塾・・・・・・・・野村喜舟

 杜に入る一歩に椎の花匂ふ・・・・・・・・山口誓子

 椎の花こぼれて水の暗さかな・・・・・・・・増田手古奈

 椎匂ふ夜を充ち充ちて書きゐたり・・・・・・・・大野林火

 椎咲きてわが年輪のほのぐらき・・・・・・・・松村蒼石

 下品下生の仏親しや椎の花・・・・・・・・滝春一

 椎にほふ未定稿抱き眠る夜も・・・・・・・・能村登四郎

 言葉のあと花椎の香の満ちてくる・・・・・・・・橋本多佳子

 椎咲いて猫のごとくに尼老いぬ・・・・・・・・河野静雲

 花椎の下照る径や子を賜へ・・・・・・・・星野麦丘人

 遠目にはもゆる色なり椎の花・・・・・・・・松藤夏山

 教師みなどこか疲るる椎の花・・・・・・・・上野波翠



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.