K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
クレソンに高嶺の水がかよひ初め山荘区切るせせらぎがあつた・・・・・・・・・・・・木村草弥
0山荘
DSC01036クレソン

     クレソンに高嶺の水がかよひ初め
          山荘区切るせせらぎがあつた・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第五歌集『昭和』(角川書店)に載るものである。

この歌につづいて、こんな歌がある。

      クレソンの花のみくまり人の世に師弟のえにしの水が流れる

     蕗の
の苦さは古い恋に似て噛めばふるさと今もみづみづしい・・・・・・・・・木村草弥

IMG_1005せせらぎ

Wikipediaに載る記事を引いておくが、今では「クレソン」で通用する。和名のオランダガラシなんて言う人は誰も居ない。
-------------------------------------------------------------------------------
オランダガラシ(和蘭芥子)は水中または湿地に生育するアブラナ科の多年草。クレソン(フランス語:Cresson)ともいう。または、クレス(cress)ともいう。
ヨーロッパから中央アジアの原産。
学名としてはNasturtium officinale、N. nasturtium-aquaticum、N. aquaticum、Rorippa nasturtium-aquaticum(別属Rorippa に含める場合)が用いられる。

ヨーロッパ原産。北アメリカ、南アメリカ、アジア(日本を含む)、オセアニアに移入分布する。

特徴
抽水植物もしくは沈水植物。繁殖力はきわめて旺盛。切った茎は水に入れておけば容易に発根するうえ、生長が速い。
オランダガラシは清流にしか育たないという俗説は誤りで、汚水の中でも生育する。
日本でもよく似たコバノオランダガラシ(N. microphyllum またはN. officinale var. microphyllum)とともに川や溝に野生化・雑草化しているのがよく見られる。
葉は奇数羽状複葉、5月頃、茎の先に白い小花を咲かせ、その後細いさや状の種子をつける。

日本には明治の初めに在留外国人用の野菜として導入されたのが最初とされている。
外国人宣教師が伝道の際に日本各地に持って歩いた事で広く分布するに至ったと言われている。
日本で最初に野生化したのは、東京上野のレストラン精養軒で料理に使われたもので、茎の断片が汚水と共に不忍池に流入し根付いたと伝えられている。
現在では各地に自生し、比較的山間の河川の中流域にまで分布を伸ばしており、ごく普通に見ることができる。

爆発的に繁殖することで水域に生育する希少な在来種植物を駆逐する恐れや水路を塞ぐ危険性が指摘されている。
日本では外来生物法によって要注意外来生物に指定されており、駆除が行われている地域もある。

栽培
半水生なので水耕栽培に向いており、特に弱アルカリ性の水でよく生育する。栽培すると高さ 50-120 cm にもなる。
耐寒性は強く冷涼な気候を好む為、夏に水温が上がりすぎると弱る。
日本では品種はないが、イギリスではWater、Water large leaved、Water broad leavedといった品種がある。
クレソンと野生種N. microphyllumとの種間雑種のNasturtium x sterileはサラダ用に栽培されている。
自家栽培
ベランダなどで水耕栽培、プランターを使用し育てることが出来る。水没したままの葉は枯れることがあるが、水面より上の部分が健全なら問題ない。
食品とする場合、衛生上時々水を換えること。湿った畑でも容易に育つ。 アオムシやコナガなどに葉をかじられたり、ハダニも付きやすい。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.