K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ・・・・・・・前田夕暮
23ひまわり②

     向日葵(ひまはり)は金の油を身にあびて
        ゆらりと高し日のちひささよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・前田夕暮


前田夕暮は明治44年「詩歌」を創刊、自然主義短歌を唱えて若山牧水と共に、明治末期歌壇に一時代を画したが、
大正に入るや一転、この歌のように対象のもつ生命感を鮮やかに描くことに力を傾けるようになる。
「金の油を身にあびて」には、太陽さえも小さく見えるほどの盛んな向日葵の花への讃歌がある。
この歌の「ゆらり」の個所には傍点が打たれている。
昭和3年休止していた「詩歌」を復刊し、新感覚派風の口語自由律短歌を提唱、たとえば
  「冬が来た。白い樹樹の光を体のうちに蓄積しておいて、夜ふかく眠る」
のような方法で歌を詠んだ。
戦時下に定型歌に復帰、平明で好日的な歌風を貫いたが、振幅の大きい作歌生涯を送ったと言える。
昭和26年没。
この歌は大正3年刊『生くる日に』所載。以下、夕暮の歌を少し引く。
----------------------------------------------------------------
秋の朝卓の上なる食器(うつは)らにうすら冷たき悲しみぞ這ふ

君ねむるあはれ女の魂のなげいだされしうつくしさかな

木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな

初夏の雨にぬれたるわが家の白き名札のさびしかりけり

夕日のなかに着物ぬぎゐる蜑(あま)乙女海にむかひてまはだかとなる

自然がずんずん体のなかを通過する──山、山、山

野は青い一枚の木皿──吾等を中心にして遥かにあかるく廻転する

戦ひに敗れてここに日をへたりはじめて大き欠伸をなしぬ

チモールに病めるわが子を嘆かへる吾ならなくに坂道くだる

ともしびをかかげてみもる人々の瞳はそそげわが死に顔に

一枚の木の葉のやうに新しきさむしろにおくわが亡骸は

枕べに一羽のしとど鳴かしめて草に臥(こ)やれりわが生けるがに

雪の上に春の木の花散り匂ふすがしさにあらむわが死顔は
----------------------------------------------------------------
6首目7首目の歌は自由律短歌の時期のもの。
終りから4首の歌は最晩年のもので、自分の「死に顔」を詠むという特異なものである。
掲出した歌と3首目の歌は夕暮の代表作として、よく引用されるものである。
いまは多磨霊園に眠っている。
ネット上から記事と写真を載せておく。
maedayuugure前田夕暮墓

本名・前田洋造 (1883-1951・明治16年-昭和26年)
昭和26年4月20日歿 69歳 (青天院静観夕暮居士) 多磨霊園
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
魂よいづくへ行くや見のこししうら若き日の夢に別れて

木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな

若竹は皐月の家をうらわかき悲しみをもてかこみぬるかな (収 穫)

沈思よりふと身をおこせば海の如く動揺すなり、入日の赤さ

ムンヒの「臨終の部屋」をおもひいでいねなむとして夜の風をきく

向日葵は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちいささよ

我がこころの故郷つひにいづかたぞ彼の落日よ裂けよとおもふ (生くる日に)

蜜蜂のうなりうづまく日のもとをひっそりとしてわがよぎりたり

ひたむきに空のふかみになきのぼる雲雀をきけば生くることかなし (原生林)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
昭和26年、前年よりの仰臥生活が続くなか、1月には主治医が急逝し「自然療法」に入った。
死期を感じた夕暮は遺詠「雪の上に春の木の花散り匂ふすがしさにあらむわが死顔は」他を遺し、4月20日午前11時30分東京・荻窪の自宅「青樫草舎」で死を迎えた。
自らの死をも清々しく客観的に歌った彼の自我意識は最後まで醒めていた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ゴーギャン・ゴッホなど印象派からの強烈な刺激をうけ、外光や色彩に多くの影響がみうけられる彼の歌は、数回に及ぶ作風転換にもかかわらず一貫してみずみずしく清新なものであった。いまその塋域に立つと、赤や黄や白い供花の間から碑面を光らせている主の清らかさが偲ばれる。

「空遥かにいつか夜あけた木の花しろしろ咲きみちてゐた朝が来た」



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.