K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
仏桑華あかあかと咲く城跡の日だまり小さきイグアナが陽を浴ぶ・・・・・・・木村草弥
20070321013714イグアナ

   仏桑華(ハイビスカス)あかあかと咲く城跡の
      日だまり小さきイグアナが陽を浴ぶ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るもので、メキシコのユカタン半島のマヤの遺跡で作ったものである。
ただし自選60首には入れてないのでWeb上ではご覧いただけない。

hibiscusハイビスカス①

ハイビスカスにも色々の改良種があり、色もさまざまなものがあるようだ。
しかし、何と言っても真紅のハイビスカスがメキシコの大地には、似つかわしい。
「ハイビスカス」は学名をHibiscusと言い、学名通りに呼ばれているもの。
アオイ科フヨウ属と言い、「仏桑華」というのは葉が桑の葉に似ているからという和名である。
三番目の花は改良種のピンクのものである。

hibiscus7ハイビスカス③

ハワイでは州の花とされ、レイにされる。
インドが原産地とされるようで、暑いところでは、地中海沿岸、東南アジア、南太平洋など広範な地域に分布する。
熱帯性気候にマッチした鮮やかな花である。

   ハイビスカス子は沖縄の娘を愛す・・・・・・・・・・森信子

というようなハイビスカスにぴったりの句も生れたりする。

「イグアナ」と一口に言っても、さまざまな種類があるらしい。
メキシコのユカタン半島に棲息するイグアナは、恐ろしげな姿はしていない。
灰緑色をしていて、変温動物なので日向で日光浴をしていたりするのが見受けられる。私の歌に詠んである通りのものである。
--------------------------------------------------------------------------
以下、私の歌集に載る「マヤ」にまつわる一連の歌を再録する。

       マヤの落暉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

   はるばるとユーラシアより来しマヤ人も蒙古斑持つと知れば親しも

   マヤ人は「暦の民」なり一年を三六五・二四日割りいだしたる

   蝸牛(カラコル)と呼ばるる円き天蓋の天文台跡半ば崩えをり

   仏桑華(ハイビスカス)あかあかと咲く城跡の日だまり小さきイグアナが陽を浴ぶ

   日本より三ヶ月経て此処に着きし支倉常長が見しアカプルコ

   トゥルムとは城壁の意なり群青のカリブの海に白く映えゐる

   神殿を西向きに建てしは落日が次の日も昇れと祈りしならむ

   ───マヤはBC3世紀にはすでにゼロの概念を発見してゐた──
   マヤ編める二十進法は十進法より大き数計算すばやく可能

   ユカタンは石灰土壌「セノーテ」は地下水脈の湧きいづる井戸

   午後四時ゆプラサ・メヒコは闘牛を見んと集へる六万の人

   巨大なるすり鉢なせるコンクリート赤きマントに牛突っ込めり

   信篤きインディオ、ディエゴ見しといふ褐色の肌黒髪の聖母

   カトリック三大奇蹟の一つといふグアダルーペの聖母祀れり

   聖母の絵見んと蝟集の群集をさばくため「動く歩道」を設置す


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.