K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
季節くれば花を求めて飛んでゆく美しき翅よ うす青き蝶・・・・・・・・木村草弥
image013ヒメシジミ
 
    季節(とき)くれば花を求めて飛んでゆく
       美しき翅よ うす青き蝶・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌も、先に挙げた歌のつづきに載るもので私の第二歌集『嘉木』(角川書店)所載。

私の歌に「美しき翅よ うす青き蝶」と詠ってあるので「ヒメシジミ」という蝶の写真を出しておく。
以下に触れる「尺取虫」とは無関係であるから念のため。

Geometrid_caterpillar尺取虫

私の手持ちの写真を活用して書いてみる。
写真の虫は「尺取虫」と言われるもの。
尻尾を木に固定して、頭を上げ、草木に取り付いたら、尻尾を持ち上げて半分くらいのところに持ってゆき、着地したら、また頭を持ち上げて前に進む。
という動作を繰り返して進む。
掲出した写真は、この虫の移動する(進む)様子を二つの画面で見られるので、うまく撮れていると思う。
「尺取り」とは寸法を取るという意味だが、人間が手を使って長さを計ったりするときの指の使い方を考えてもらうと判りやすいと思う。うまい命名だ。
この虫は「擬態」が巧妙で、取り付く草木の色にも合わせる「保護色」になっているので、よく観察しないと食害に気づかないことが多い。

aomusi-komayubatiアオムシコマユバチ
aomusi-komayubati3コマユバチ成虫

先に書いた普通の青虫──モンシロチョウの幼虫(大根やアブラナなどに着く)の天敵として「アオムシコマユバチ」(青虫小繭蜂)というのがいて、
これが青虫の幼虫の体に卵を生みつける。青虫の体内で卵は孵り、虫の体を食べて成長する。
そして時期がくると青虫の体外へ出て、サナギになる。二番目の写真が、その状態である。
三番目の写真が「アオムシコマユバチ」の成虫である。
小さな蜂であるが、人間にとっては「益虫」ということになる。
こういう「天敵」を利用して、大量に「サナギ」を量産し、それを「生物農薬」として販売するというのが、現実に農作業の分野では、やられている。
農薬を使うわけではなく、かつ自然界の生き物を利用しているので生態系を破壊することもない。
これからは益々こうした研究は進んでゆくものと考えられる。結構なことである。


ここで掲出した歌が載る個所の歌を全部ここに採録しておく。

       標本室 ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

  温室に緑を育て蝶を飼ふ少年の日よ記憶のはたて

  青虫がひたすら茎をのぼりゆく新芽の色の何とおいしさう

  季節(とき)くれば花を求めて飛んでゆく美しき翅よ うす青き蝶

  展翅板にうす青き翅と触角が固定されゆく指先を見つ

  感性の両眼をつき刺し飛び去るは標本室の昏き二十五時

  原色昆虫図鑑の中に引かれたるアンダーラインの蝶とびたちぬ

  いつだつて夢と現(うつつ)はうりふたご追伸のやうに思ひ出づるも



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.