K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
愛し合つた 滅びるといふ語感にも似て炎のユーホルビア・・・・・・・木村草弥
30791475ユーフォルビア紅彩閣
 ↑ ユーフォルビア紅彩閣

     愛し合つた 滅びるといふ語感にも似て
             炎のユーホルビア・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第五歌集『昭和』(角川書店)に載るものである。

この歌ではユーホルビアとなっているが、ユーフォルビアと表記するのが正しい。
多肉植物である。サボテンと似ているが産地も属も別のものである。いろんな種類がある。
先ずWikipediaの記事を引いておこう。
----------------------------------------------------------------------------
img58560146ユーフォルビア紅葉彩雲閣
 ↑ ユーフォルビア紅葉彩雲閣
img58261045ミルクブッシュ
 ↑ ミルクブッシュ
img59052487ハナキリン
 ↑ ハナキリン
--------------------------------------------------------------------------
 トウダイグサ属

トウダイグサ属 Euphorbia

トウダイグサ属(トウダイグサぞく、Euphorbia)はトウダイグサ科に属する一群の植物で、園芸植物などについては学名の英語風読みのユーフォルビアで呼ばれることが多い。

代表的な種としては、日本に野生するトウダイグサ(灯台草: 形が燭台に似ることから)、タカトウダイやノウルシ、観賞用に栽培するポインセチア、ショウジョウソウ、ハツユキソウ、ハナキリン、ミドリサンゴ(ミルクブッシュ)などがある。

学名のEuphorbiaは、ヌミディア王ユバ2世に仕えたギリシャ人医師エウポルボス (Euphorbos) に由来する。
ユバ2世の一人目の妻はマルクス・アントニウスとクレオパトラ7世の娘クレオパトラ・セレネである。
エウポルブスはサボテンに似たユーホルビア植物が強力な瀉下薬となることを記した。
紀元前12年、ユバ2世は、侍医のアントニウス・ムーサ(英語版)の像を作ったアウグストゥスに応えて、この植物の名前をエウポルブスから名付けた。
植物学者のカール・フォン・リンネはエウポルブスを顕彰し、この「Euphorbia」を属名として採用した。

ユバ2世自身は、芸術および科学の著名なパトロンであり、いくつかの探検や生物学的研究の後援をしていた。彼はまた著名な作家であり、博物学に関する論文や最もよく売れたアラビアへの旅行案内といったいくつかの専門書や一般向けの学術書を書いている。Euphorbia regisjubae(ユバ王のEuphorbia)は、博物学におけるユバ王の貢献とこの属を表に出した彼の役割を称えて命名された。

世界の熱帯から温帯に広く分布し、約2000種の草本または低木からなる巨大な属である。

花は退化傾向が著しく、雄蕊または雌蕊1本だけからなる。これら(雌花1個、雄花数個)が集まり苞に囲まれた杯状花序という特有の花序を形成する。苞には蜜腺があり、花序全体が1つの花のように見える。さらにポインセチアなどでは花序近くの包葉が赤・黄・白などに着色して目立つ。
切ると乳液を出すが、有毒物質(ホルボールエステルやインゲノールエステル等)を含み、皮膚につくとかぶれることもある。
砂漠から湿地まで様々な環境に適応進化し形態的に多様である。特に砂漠に生育するものでは葉が退化し茎が多肉となってサボテンに似ているものもあり、収斂進化の好例である。

分類
形態のやや異なるニシキソウ亜属を独立の属とすることも多いが、分子系統学的には必ずしも支持されていない。
日本には約20種があるが、どれも草本で、直立して飾りの包葉の付いた複雑な花序を広げるトウダイグサの類とやや這う草本のニシキソウの類がある。

トウダイグサに類するもの:立ち上がる草本で、葉は茎の周りにつき、先端は多数枝分かれして広がり、飾りの包葉に囲まれて花序が付く。

ニシキソウに類するもの:やや這う草で、茎にそって水平に葉を多数だし、花序は葉の基部に小さく付く。

このほかに園芸植物として栽培されているものに、
ショウジョウソウ E. cyathophora Murr.
ショウジョウボク(ポインセチア) E. pulcherrima Willd.
ハツユキソウ E. marginata Pursh

特に多肉植物として栽培されるものには
ハナキリン E. milii Des Moulin var. splendens Ursch et Leandri
-------------------------------------------------------------------------
いま辞典や植物に当たってみて、この歌を作ったときの花が、どれだったのか分からなくなった。しかし「炎」とあるから「真っ赤」な色をしていたに違いない。
だから出来るだけ多くの写真を出しておく。
a0096800_15405481ユーフォルビア
 ↑ ユーフォルビア 何とか? 
03459ユーフォルビア桜子
 ↑ ユーフォルビア桜子
hanakirin-rキスミークイック
 ↑ キスミークイック
 milkbush_02ユーフォルビア・ティルカリー
 ↑ ユーフォルビア・ティルカリー

今や、こういうサボテンのような、ある程度乾燥に強くて、鉢の小さいものが好まれるようだ。

この歌の載る一連は、こんな風になっている。

     ゴッホ忌・・・・・・・・・・・・木村草弥

  ひといろで描けといふなら田園は春の芽吹きの今やさみどり

  顔の高さに黄の花抱いて歩いてく夕べゴッホを貪ったから

  楽の音に沈んでゐる 遠ざかる愛はみだらにゴッホ忌

  愛し合つた 滅びるといふ語感にも似て炎のユーホルビア

  放物線の最高点にゐる時を噴水は知ってきらめき落ちる
----------------------------------------------------------------------------
つまり、こういう一連の中の歌であることを知ってもらうと、鑑賞もまた一寸ちがってくるのではないか。
いかがだろうか。





コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.