K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
忽然としてひぐらしの絶えしかば少年の日の坂のくらやみ・・・・・・・・・佐藤通雅
higurasi04ヒグラシ雄

    忽然としてひぐらしの絶えしかば
         少年の日の坂のくらやみ・・・・・・・・・・・・・・佐藤通雅


この歌は、佐藤通雅『襤褸日乗』(1982年刊)に載るもので、「角川現代短歌集成」第三巻から引いた。
佐藤通雅については ← ここに詳しい。

「ひぐらし」はカナカナカナと乾いた声で鳴く。だから、「かなかな」とも呼ぶ。夜明けと夕方に深い森で鳴く。
市街地や里山では聞かない。 鳴くのは写真①のヒグラシの雄。
この声を聞くと、いかにも秋らしい感じがするが、山間部に入ると7月から鳴いている。
海抜の高度や気温に左右されることが多いようだ。
『古今集』に

    ひぐらしの鳴く山里の夕暮は風よりほかに訪ふ人もなし

という歌があり、ひぐらしの特徴を巧く捉えている。『和漢三才図会』には「晩景に至りて鳴く声、寂寥たり」とあるのも的確な表現である。

この、「角川現代短歌集成」第三巻には「ひぐらし」や「つくつくぼうし」などを詠んだ佳い歌がたくさん載っている。
いくつか引いてみよう。

  たゆたへる雲に落ちゆく日の在処遠ひぐらしの声きこゆなり・・・・・・・・・・・松村英一

  大方は決りしわれの半生とひぐらしの鳴く落日朱し・・・・・・・・・・・武川忠一

  かなかなの今年のこゑよあかときの闇にとほればわれは目覚めぬ・・・・・・・・・・・上田三四二

  蜩は響き啼きけり彼の国のジャムもリルケも知らざりしこゑ・・・・・・・・・・・宮柊二

  ひぐらしの昇りつめたる声とだえあれはとだえし声のまぼろし・・・・・・・・・・・平井弘

  ひぐらしのおもひおもひのこゑきけり清七地獄すぎてゆくころ・・・・・・・・・・・小野興二郎

  木をかへてまた鳴きいでしひぐらしのひとつの声の澄み徹るなり・・・・・・・・・・・岡野弘彦

  樹の下の泥のつづきのてーぶるに かなかなのなくひかりちりばふ・・・・・・・・・・・森岡貞香

  寂しくばなほ寂しきに来て棲めと花折峠のひぐらしぞ澄む・・・・・・・・・・・青井史

  魔の笛のごとく鳴きつぐ茅蜩の声を率きゆく麦藁帽子・・・・・・・・・・・安藤昭司

higurasiヒグラシ雌
 ↑ ヒグラシの雌は鳴かないが、念のために写真を出しておいた。

ひぐらしを詠った俳句も多いので、以下に引いて終りにする。

 蜩や机を圧す椎の影・・・・・・・・正岡子規

 面白う聞けば蜩夕日かな・・・・・・・・河東碧梧桐

 ひぐらしに灯火はやき一と間かな・・・・・・・・久保田万太郎

 かなかなの鳴きうつりけり夜明雲・・・・・・・・飯田蛇笏

 ひぐらしや熊野へしづむ山幾重・・・・・・・・水原秋桜子

 蜩やどの道も町へ下りてゐる・・・・・・・・臼田亞浪

 蜩や雲のとざせる伊達郡・・・・・・・・加藤楸邨

 ひぐらしや人びと帰る家もてり・・・・・・・・片山桃史

 川明りかなかなの声水に入る・・・・・・・・井本農一

 蜩や佐渡にあつまる雲熟るる・・・・・・・・沢木欣一

 蜩の与謝蕪村の匂ひかな・・・・・・・・平井照敏


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.