K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
キュウリの種子/魚の眼玉/ケラの歌/それらに空気の枝のようにさわりながら/ひと夏はこのようにして埋葬される・・・・・・・大岡信
shiokaraシオカラトンボ

   夏の終り・・・・・・・・・・・・・・・大岡信

   夜ふけ洗面器の水を流す
   地中の管をおもむろに移り
   遠ざかってゆく澄んだ響き
   一日の終りに聞くわたしの音が
   たかまるシンフォニー
   節まわしたくみな歌でないことの
   ふしぎななぐさめ
   キュウリの種子
   魚の眼玉
   ケラの歌
   《ほろび》というなつかしい響き
   それらに空気の枝のようにさわりながら
   水といっしょに下水管をつたい
   闇にむかって開かれてゆく
   わたしひとりの眼

   ひと夏はこのようにして埋葬される

--------------------------------------------------------------------
夏の終りというものは何となく寂しいものである。
そういう夏を送る心象を巧みに一編の詩にまとめあげた。言葉の選択も的確である。
この詩は学習研究社の大岡信編の『うたの歳時記』2・「夏のうた」(1986年5月刊)に書き下ろしとして載る大岡信の作品である。
「うたの歳時記」と表記して「うた」としてある所がミソで、短詩形の俳句、川柳、短歌、短詩いずれにも当てはまるように「うた」と表記されているのである。
純現代詩人としての大岡の詩は決して平易なものではないが、このシリーズの性格──読者を意識して、この詩のような平易な表現になったものであろうか。
ここで、別のところに載る大岡信の短詩を一つ紹介する。

    木馬・・・・・・・・・・・・・・・・・大岡信

         ・・・・・・・・・・・・・・夜ごと夜ごと 女がひとり
         ・・・・・・・・・・・・・・ひっそりと旅をしている (ポール・エリュアール)

   日の落ちかかる空の彼方
   私はさびしい木馬を見た
   幻のように浮かびながら
   木馬は空を渡っていった
   やさしいひとよ 窓をしめて
   私の髪を撫でておくれ
   木馬のような私の心を
   その金の輪のてのひらに
   つないでおくれ
   手錠のように

 (昭和57年9月、小海永二編『精選日本現代詩全集』所載、㈱ぎょうせい刊)




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.