K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
才媛になぞらへし木の実ぞ雨ふればむらさきしきぶの紫みだら・・・・・・・木村草弥
FI2618502_1E.jpg
 
    才媛(さいゑん)になぞらへし木の実ぞ雨ふれば
         むらさきしきぶの紫みだら・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せたもので秋の花のところにまとめてある。自選50首にも入れてあるので、Web上でもご覧いただける。

この木はクマツヅラ科の落葉低木で、高さは2~3メートル。同類にコムラサキなどの低くて、実も小粒のものがある。
園芸種には、この手のものが多い。
FI2618502_2E.jpg

俳句にも、よく詠まれているので引いて終る。

 冷たしや式部の名持つ実のむらさき・・・・・・・・・・・・長谷川かな女

 うち綴り紫式部こぼれける・・・・・・・・・・・・後藤夜半

 倖あれと友が掌に置く実むらさき・・・・・・・・・・・・石田あき子

 胸焦がすほどの詩欲し実むらさき・・・・・・・・・・・・小沢克己

 室の津の歌ひ女の哀実むらさき・・・・・・・・・・・・志摩知子

 むらさきしきぶかざせば空とまぎれけり・・・・・・・・・・・・草間時彦

 鑑真の寺の紫式部かな・・・・・・・・・・・・角川春樹

 地の冷えの色に出でてや実紫・・・・・・・・・・・・林 翔

 その奥に一系の墓所実むらさき・・・・・・・・・・・・北さとり

 実むらさきいよいよものをいはず暮れ・・・・・・・・・・・・菊池一雄

 眼(まなこ)よりこぼれて紫式部かな・・・・・・・・・・・・鈴木鷹夫

 式部の実いくさは人を隔てたり・・・・・・・・・・・・東海すず

 式部の実日あたれる珠あたらぬ珠・・・・・・・・・・・・田中千里




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.