K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
滝白く落ちて虚空のたそがれの滴り一つ沢蟹を搏つ・・・・・・・・・木村草弥
FI2618505_1E.jpg

    滝白く落ちて虚空のたそがれの
       滴り一つ沢蟹を搏(う)つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に「茶の神」という小項目名で9首を載せたもののうちの一つである。

沢蟹は淡水の蟹だが、水気のあるところには、たくさん居た。
今は農薬使用などで、農薬のかかるところでは見かけなくなったが、山手にゆくとたくさん居る。
沢蟹にもいろんな種類があるらしく形、色ともさまざまである。
この歌の背景は、小さな滝らしきものが落ちていて、そのなけなしの飛沫が滴りとなって沢蟹の甲羅をうつ、という叙景である。
しかも時間的には「たそがれ」だから、夕方ということになる。
この歌の一つ前には

       天高し視野の限りの京盆地秋あたらしき風の生まるる

という歌が載っている。ここに詠ったような天高い秋の季節が、ようやく訪れようとしている。
私の少年期は、もちろん戦前で、食べるものも、遊ぶものも、今の比ではなく、素朴な自然を相手にするものだった。
この歌は、そんな少年期の思い出を、現在形で歌にしている。
回想にしてしまうと歌が弱くなるので、回想の歌でも現在形にするのが、歌を生き生きさせる秘訣である。
孵化したばかりの小指の爪にも満たない子蟹の誕生など、何とも趣きのあるものである。
少年期の回想シーンを自歌自注しておく。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.