K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
雑器の美はどこにでも転がつてゐる、もと溲瓶とは見えませんなあ・・・・・木村草弥
FI2618559_1E.jpg

     雑器の美はどこにでも転がつてゐる、
            もと溲瓶(しびん)とは見えませんなあ・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るもので自選にも採っているのでWebのHPでもご覧いただける。
掲出の写真①は韓国の昔の「溲瓶」と言われるものである。私の歌に詠っている物も、まさに朝鮮の「尿瓶」からの歌である。

FI2618559_2E.jpg

写真②は「染付け古便器」(陶磁器製)である。写真に写っているものは男性の立ち小便用の便器で、古いものだが、収集されて展示されているもの。これらの展示の中に、問題の「シビン」があるのである。今では常用漢字に、この字がないので、先に書いたように「尿瓶」と書いて「シビン」と訓(よ)ませている。
写真③に、現在の「尿瓶」なるものを掲げておく。

FI2618559_3E.jpg

私が歌に詠んだ時の現物は写真に撮っていないので、代りに掲出した写真を掲げたものであることを、お断りしておきたい。
この写真は民間テレビの人気番組「お宝なんでも鑑定団」HPから見つけたものである。
このHPに載る記事をそのまま紹介する。

神奈川県の菊地広十志氏(35歳)の鑑定依頼である。
5、6年前に父が韓国に行った時、ホテルの骨董店で焼き物を物色中、あまり見たこともない焼き物に引かれ、店員に尋ねると「水などを入れて使っていたものです」とのこと。花瓶か水差しだと思い4万円で購入。帰国の際、空港の手荷物検査で一もんちゃく。係官がわんさか集り、サイズは測るは、焼き物の絵を描くは、何故か笑い出す人まで・・・・・。不安になった父が尋ねると「おそらく600年ほど前の文化遺産かも知れない」とのこと。驚く父に係官は「これは尿瓶です」。
現在、床の間にお気に入りの一品として飾っている父。なんとかやめさせたいのだが・・・・・、と息子が鑑定を依頼。本人鑑定額1000円。
鑑定結果は、1000年から900年前のもの。酒や液体を入れて使われていた。依頼品は日本人が好む形。鑑賞陶器としては評価されるもの。鑑定額は6万円。

この鑑定のように、この陶器は「酒」などを入れていたものだが、私も見た「シビン」は、実に、これに似た形をしているから、紛らわしいのである。
事実、中世の茶人たちは、これを「花器」として珍重し、花を生けて茶室に置いたりしたのである。私の歌は、そういうのを詠んでいるのである。お騒がせしました。
因みに、私の歌は「結界」という項目名のところに収録してあるが、長くなるので引用は控えておく。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.