K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
大空のあくなく晴れし師走かな・・・・・久保田万太郎
thumb5冬晴れ

    大空のあくなく晴れし師走かな・・・・・・・・・・・・・・・・・・久保田万太郎

今日は「師走」という言葉について、少し書いてみたい

「師走」とは陰暦十二月の異称で、ほぼ太陽暦の一月の時期に該当するが、他の陰暦の月の名称と違って、師走だけは太陽暦の十二月にも使う。
師走の語源として「お経をあげるために師僧も走るほど忙しい」とする説から、年末の多忙を表わす語として定着したためだろうと言われている。

はじめに申しあげておくが「師走」の読み方としては「しわす」ではなく「しはす」と訓(よ)みたいものである。

『万葉集』巻8・冬雑歌(歌番号1648)に

   十二月(しはす)には沫雪降ると知らねかも梅の花咲く含(ふふ)めらずして

という「紀少鹿女郎」の歌として載っている。
この歌の原文は

   十二月尓者 沫雪零跡 不レ知可毛 梅花開 含不レ有而
しはすには あわゆきふると しらねかも うめのはなさく ふふめらずして

であって、これを上記のように訓み下しているわけである。
この訓み下しが誰によってなされたかは知らないが、万葉集の頃に、すでに「十二月」が「しはす」と読まれていたという証明にはならない。
つまり「しはす」という訓みが、十二月=しはす、ということが、すでに定着していた頃に「訓み下された」に過ぎないからである。
書き遅れたが、万葉集の頃には、日本にはまだ文字はなかったので、日本語を書き表わすには、漢字を借用して表記された。
だから漢字の「音」オン「訓」クンを漢字に当てはめている。万葉集では、それに「漢文」の「反り点」のように(上の歌の例の③⑤のフレーズ)文章が綴られている。

以前に書いたことだが、分かりやすい例をあげてみる。

有名な柿本人麻呂の歌(巻1・歌番号48)の

     ひむがしの野にかぎろひの立つ見えて反り見すれば月かたぶきぬ

は名歌としてもてはやされるが、これは賀茂真淵が訓み下したものであって、原文は

     東 野炎 立所レ見而 反見為者 月西渡

であって、「月西渡」を「月かたぶきぬ」と訓むのは「意訳」ではないか、人麻呂は単純に「月にしわたる」としたのではないか、という万葉学者の異論もあるのである。

万葉集の「訓み下し」に深入りして脱線したので、本論に戻そう。
「角川俳句大歳時記」の「師走」の考証欄には以下のように書かれている。

元禄11年に出た『俳諧大成新式』という本に

<ある説に、およそ亡き人の来ること、一とせに二たびなり。盂蘭の盆内と年の尾にありて、いにしへは大歳(おほどし)にも魂(たま)迎へせしよし、兼好のころもなほありと見えたり。それをとぶらふ僧と、仏名の師と、道もさりあへず走りありくゆゑに、師走といふなりとあり。>

と書かれているのが、今日、一番妥当な説として定着しているらしい。

ここで「師走」を詠んだ句を引いて終る。

 隠れけり師走の海のかいつぶり・・・・・・・・・・・・松尾芭蕉

 エレベーターどかと降りたる町師走・・・・・・・・・・・・高浜虚子

 極月や晴をつづけて巷ある・・・・・・・・・・・・松根東洋城

 極月の人々人々道にあり・・・・・・・・・・・・山口青邨

 病む師走わが道或はあやまつや・・・・・・・・・・・・石田波郷

 青き馬倒れていたる師走かな・・・・・・・・・・・・金子兜太

 がんがんと鉄筋のびる師走かな・・・・・・・・・・・・高柳重信

 法善寺横丁一軒づつ師走・・・・・・・・・・・・稲畑汀子

 極月の舞台悪党ぞろぞろと・・・・・・・・・・・・馬場駿吉

 極月の書棚に置きし海の石・・・・・・・・・・・・高室有子

 自転車よりもの転げ落ち師走かな・・・・・・・・・・D・J・リンズィー

 極月の罅八方にかるめ焼・・・・・・・・・・・中村弘

 ソムリエの金のカフスや師走の夜・・・・・・・・・・・・深田やすを

 赤札を耳に師走の縫ひぐるみ・・・・・・・・・・・・大町道

 迷いなく生きて師走の暦繰る・・・・・・・・・・・・田島星景子

 関所めく募金の立ちし街師走・・・・・・・・・・・・杉村凡栽


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.