K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ・・・・・・・加藤楸邨
b0071081_14325481もみじ絨緞

     木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ・・・・・・・・・・・・加藤楸邨

木には常緑樹と落葉樹とがあって、落葉樹は冬には葉を落して、春の芽吹きを待つ。落ちかかる葉や、地に落ちている葉を「落葉」と言う。
樹の種類にもよるが、落葉というのは、一時に集中して、ハラハラと落ちる。
美しい眺めであるが、掲出の楸邨の句は擬人的に「いそぐないそぐなよ」と言っている。これは明らかに、人間の一生になぞらえて、「散り急ぐな」と言っているのは確かだろう。

ここで、俳句や短歌などの「句切り」のことについて、少し書きたい。
この楸邨の句は、一読すると「破調」のように見える。「意味」の上から「句切り」をすると、確かに5、7、5というリズムからはみ出そうだが、この句の場合は
 木の葉ふり/やまずいそぐな/いそぐなよ と区切って読めば5、7、5という「定型」のリズムに乗るのである。
こういうのを「句またがり」と言う。
昔は、こういう「句またがり」などは、リズムを崩すとして忌み嫌われたが、前衛短歌、前衛俳句華やかなりし時期に多用され、以後は一つの技法として認められるようになった。
確かに日本語の、こういう5音7音などの「音数律」はリズムを作るものとして重要である。
というのは、日本語は、その特性として「音韻」を踏めないから西洋の詩や中国の詩(いわゆる漢詩)のように「韻」や「平仄」でリズムを取れないから、
その代用として「音数律」という特有のリズムが発見されたのである。
交通標語などに採用されるものの多くが、この5音7音などの「音数律」によって作られているのが、その実証といえようか。
何度もあちこちに書いたので気が引けるが、ポール・ヴァレリーの言葉に

 <散文は歩行であるが、詩はダンスである>

という一節がある。この一節は私が大学生の頃に、文芸講演会があって、三好達治から聞いて、以後、私の座右の言葉として日々ふりかえっている言葉である。
これは「散文」と「詩」との違いを簡潔に言い表した言葉であり、過不足がない優れた表現である。

「落葉」「木の葉」「枯葉」などの句を引いて終る。

 寂寞を絢爛と見る落葉かな・・・・・・・・松根東洋城

 風といふもの美しき落葉かな・・・・・・・・小杉余子

 木曽路ゆく我れも旅人散る木の葉・・・・・・・・臼田亜浪

 多摩人の焚けば我もと落葉焚く・・・・・・・・水原秋桜子

 ごうごうと楡の落葉の降るといふ・・・・・・・・高野素十

 わが歩む落葉の音のあるばかり・・・・・・・・杉田久女

 野良犬よ落葉にうたれとび上り・・・・・・・・西東三鬼

 ニコライの鐘の愉しき落葉かな・・・・・・・・石田波郷

 落葉踏みさだかに二人音違ふ・・・・・・・・殿村莵糸子

 子の尿が金色に透き落葉降る・・・・・・・・沢木欣一

 からまつ散る縷々ささやかれゐるごとし・・・・・・・・野沢節子

 本郷の落葉のいろの電車来る・・・・・・・・伝田愛子

 宙を飛ぶ枯葉よ麦は萌え出でて・・・・・・・・滝春一

 一葉づつ一葉づつ雨の枯葉かな・・・・・・・・八幡城太郎

 落柿舎は煙草盆にも柿落葉・・・・・・・・阿部小壺

 その中に猫うづくまり朴落葉・・・・・・・・佐佐木茂索

 朴の落葉わが靴のせるべくありぬ・・・・・・・山口青邨

 朴落葉うれしきときも掃きにけり・・・・・・・・村田とう女

 落葉して凱歌のごとき朴の空・・・・・・・・石田勝彦


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.