K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
湯豆腐を食ひ尽くしたるメディア論・・・・・秋尾敏
rep_L_WGC-W23104.jpg

   湯豆腐を食ひ尽くしたるメディア論・・・・・・・・・・・・・秋尾敏

「湯豆腐」の句としては

   ■湯豆腐やいのちのはてのうすあかり・・・・・・・・・・・・・・久保田万太郎

が人口に膾炙して有名である。
久保田万太郎は昭和38年73歳で没した。
晩年、子供を亡くし、それを機に家を出て赤坂に隠れ住んだ。起居のかたわらに一人の女性がいたが、彼女は37年末に急死した。万太郎は深い孤独に陥り、自らも半年後に急逝した。
彼の死のいきさつについて書いたことがあるので、参照されたい。
この句は相手の女性の死後詠んだ句のひとつ。湯豆腐の白い揺れを見つめつつ、一場の夢に過ぎない人生を眼前に見ているような気配を伝える句である。
「いのちのはてのうすあかり」が句の眼目だが、空漠かつ幽遠である。
こういう句の深い「読み」については、若い頃には思い及ばないことで、人生の晩年に至って、ようやく思いに辿りつくことが出来るのである。
昭和38年刊遺句集『流寓抄以後』所載。
この句は何度となく引いてきたので遠慮して、今回は掲出句を引いた。

掲出句は、文化人であろうか、湯豆腐を食いながら「メディア論」を戦わしているという現代的な句である。
「湯豆腐を食い尽くして」も、なお口角泡を飛ばして議論している、という青っぽい連中の、微笑ましい光景であろう。
若い頃には私にも、こういう熱中した時期があった、と懐かしい感慨を持って、この句を抽出した次第である。
今しも年も押し詰まって、遅い忘年会の風景と受け取ってもらっても結構であろう。

湯豆腐は冬の暖かい味覚として、親しみふかいものである。今では季節を問わず食べられるが、やはり冬のものであろう。
京都南禅寺順正の湯豆腐などが有名だが、京都には「豆腐」の老舗がいくつかあり、この頃では宅急便を利用して全国に宅配されているようだ。
以下「湯豆腐」を詠んだ句を少し引いておきたい。

 湯豆腐や澄める夜は灯も淡きもの・・・・・・・・渡辺水巴

 湯豆腐の一と間根岸は雨か雪・・・・・・・・長谷川かな女

 湯豆腐や障子の外の隅田川・・・・・・・・吉田冬葉

 湯豆腐にうつくしき火の廻りけり・・・・・・・・萩原麦草

 湯豆腐に箸さだまらず酔ひにけり・・・・・・・・片山鶏頭子

 湯豆腐やみちのくの妓(こ)の泣き黒子・・・・・・・・高橋瓢々子

 混沌として湯豆腐も終りなり・・・・・・・・佐々木有風

 湯豆腐や紫檀の筥(はこ)の夫婦箸・・・・・・・・日野草城

 湯豆腐や男の嘆ききくことも・・・・・・・・鈴木真砂女

 永らへて湯豆腐とはよくつき合へり・・・・・・・・清水基吉

 鳥羽僧正湯豆腐食べに下りけり・・・・・・・・鈴木栄子

 さりげなき話湯豆腐煮ゆるまで・・・・・・・・山本一歩

 湯豆腐や差し向かひといふ幸不幸・・・・・・・・安藤美保

 湯豆腐のふつふつそつけなき白さ・・・・・・・・日向和夫


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.