K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
久我田鶴子第六歌集『鳥恋行』第七歌集『雨を見上げる』・・・・・・・・・・木村草弥
鳥恋行_NEW
 ↑久我田鶴子第六歌集『鳥恋行』砂子屋書房2007/12/06初版刊 2011/03/03再版刊
雨を見上げる_NEW
 ↑久我田鶴子第七歌集『雨を見上げる』ながらみ書房2011/07/15刊

──新・読書ノート──

     久我田鶴子第六歌集『鳥恋行』第七歌集『雨を見上げる』・・・・・・・・・・木村草弥
      ・・・『鳥恋行』砂子屋書房2007/12/06初版刊 2011/03/03再版刊 『雨を見上げる』ながらみ書房2011/07/15刊・・・・・・・

先に久我田鶴子歌集『菜種梅雨』の恵贈を受けて、その鑑賞を、このブログに載せたが、折り返し久我さんから先行する二冊の本が送られてきた。
いずれも大部の本である。
砂子屋書房の社主・田村雅之、ながらみ書房の社主・及川隆彦ともに前衛短歌はなやかなりし頃に編集者として活躍された人である。
そして今ともに出版社経営者として活躍されている。
この二冊を通読してみて、歌集の鑑賞という面からだけではなく、「エピソード」風に書いてみたい。
先ず『雨を見上げる』の「あとがき」を読んでいたら

<及川さんには、同郷のよしみと若い頃から何かと心にかけていただいてきた。
 お互いにながらみを食べて育ったというだけでなく・・・・・>

というくだりに目を止めた。(注・アンダーラインは筆者)
「ながらみ」というのは食べ物だったのか、とWikipediaなどで調べてみた。
久我さんの故郷である九十九里浜で獲れる巻貝で美味、とある。学問的には「ダンベイキサゴ」というらしい。
同郷である及川さんは、これを自分の出版社の名前にされたのである。 よく判りました。
私は遊び心に満ちた人間で、何にでも好奇心旺盛なのである。 お許しあれ。

*「胡乱」なる言葉の具体 湯上がりのビールの酔ひが五体をめぐる
久我さんとは「地中海」の全国大会などで顔を合わせ、すこし言葉をやりとりしたに過ぎないが、酒は殆ど呑まれない印象があったのだが、いくつか飲酒の歌があるので意外な気がした。
この二冊の本の頃、久我さんは「コンピュータ管理のマンモス校」へ転勤された。コンクリート打ち放しとガラスの多い現代風の学校に戸惑われた様子が見てとれる。
もともと久我さんはインターネットには弱い人だった記憶がある。
*存在を証すカードを受けしより03T001Fが私らしき
*先進的教育といふがあるごとく指先ばかり小器用になる
*愚痴となる歌をひそかに反故にして三十六計笑ふに如かず
*耳奥のリンパのゆらぎ朝床に人となるべくかたちひき寄す
*鍼治療うけつつ聞けばひとのこゑ滋味あるものとし身内に入り来
*声が来て神経叢をさやがせり無限自在のわれゐるどこか
*パソコンをつかふ俊敏スマート氏にふるひおとされ消ゆるが必定
*ひそやかに歌詠みゐるさへ脅かし職場といふが息止めにくる
*寄せくるる子らの傷みに苛立ちに生かされありし教師の日々は
*ペン胼胝の消えたる指がうれしげに操るならねノート型バイオ

私事ながら私も使っているのは、ここ何台もソニーのノートパソコン─ヴァイオである。

そんな、馴染めない戸惑いから「鳥を求め、花を求めて、森や湿原に出かけることが多かったのは、相応の理由があったのだと思う」と書かれている。
第六歌集の題名を『鳥恋行』とされたことが、その証左であろう。
*傷を負ひゆきしものあり雪に血の擦りあとはつか残る森のみち
*蝶型の足跡なれば栗鼠と知る胡桃の木から森へと向かふ
*用心の仕方がいかにも貂らしく摺り足ぎみに雪上をゆく

観察の精細な叙景の行き届いた歌群である。
また他に琵琶湖西岸の滋賀県高島郡マキノ町 などというと京都に住む私などには、すぐに判る土地だが、こんなところにも出向いて歌にされた行動力の広さに感服する。

*熊臭し されば熊領こころして登るにしかずわが登山靴
*さきほどの緑一塊の落とし主 なるほど猿も笹を食ふなり
*うちつぱなしのコンクリートに巣をかけし燕が今朝は偉く見えたり
*彫像になりたる樟がなほにほふ女の頸から胸のあたりを
*樟にほふ乳房と腹をまろまろと彫りいだしたる船越桂

この二首からは、ほのかなエロティシズムが薫りたつのを感じる。

*口開くとけぽつと魚を吐き出せり宇治平等院屋根にかはせみ

「わが水系」などの項目の歌には「ふるさと」が詠われている。

*鼻濁音の有無と信仰に境して流るる川やふるさとの川
*真言と日蓮を分け海に入る川といへども幅数メートル
*川渡り鼻濁音来て鼻濁音なきわれらのことばにまじる

日蓮が生まれたのは上総小湊である。その地域では日蓮宗が信仰されているだろう。
因みに、私宅の宗教も日蓮宗・身延派である。この地域は浄土宗が占めているが、わが先祖は幕末の頃に布教があって一族を挙げて改宗したという。
久我さんの歌に詠まれる川は「作田川」で、この川を隔てて、宗教と鼻濁音が違うということである。
この川は境川とも言われているらしく、地形が宗教や言葉の境になっていくというのは、昔の文化の成り立ちとして面白い。
簡潔ながら中身の深い佳い歌である。
このごろはNHKのアナウンサーなども「鼻濁音」の指導が厳しくないらしいが、「鼻濁音」の中でも「が」の音は何とも奥ゆかしい気がするのである。
方言の尊重もいいが、日本語の共通語として、この鼻濁音は尊重してほしいものである。 私は、そういう主義である。

*もみぢならぬやつでのなどとわらひつつわがてのひらを愛でくれし母
*幾人もの精液にまみれ死ににけり<解放軍>が訪れし昼
*アゴタ・クリストフ、ジャン・クリストフ わが内にずれて重なる名前の記憶
歌の対象は多岐にわたって展開する。「回想」から「現代」へで、ある。それらから少し引いてみた。

弔歌にも触れてみよう。春日井建を詠った一連もあるが、
*みづからを褒めてやりたいと全歌集まとめたるのち言ひし忘れず
この歌は「地中海」長老として香川進を助け、また香川進の代理の先兵として「前衛狩り」に角川書店「短歌」編集長に乗り込んだ山本友一の死を詠んでいる。
私も船田敦弘の「いじめ」に耐え切れずグループを抜けたときに手を出してもらったのが山本友一であった。その挨拶のために新宿の山本宅を訪れたことを思い出す。
ご子息は三菱商事の幹部として活躍しておられたが、同居されており、朝食のために焼かれた干物の魚の匂いが部屋に残っていたのを思い出す。
船田亡き今となっては、こんな回想をしても許されよう。
私は一概に「前衛狩り」に走った香川たちを責めるつもりはない。前衛の提灯持ちをした編集者の独走を抑えたいという守旧派の歌壇や社主たる角川源義の意向を香川が含んだものであろう。
ついでに書いておくと、塚本邦雄や岡井隆などはアクの強い人間で今なお強い影響力を持っている。
前衛短歌はなやかなりし頃、塚本の取巻きとして活躍されていた人が酒席で私に洩らされたことがある。何か塚本の説に異を唱えると、とたんに歌壇から「干された」と。
また岡井隆も同様で「未来」の中でも彼に異を唱える人間は排除された。私も「未来」に席を置いていたが私は川口美根子門下であったが、それらにまつわる話を聞かされたことがある。
岡井隆は本来、左翼なのだが、老来、勲章ほしさに皇室にすり寄り「皇室御用掛」などを務めている。その論功行賞で文化功労者に選出された。
斎藤茂吉や土屋文明らが文化勲章受章者であるから、彼らに肩を並べたいという欲望が岡井隆にはあるのだろう。俗物臭ぷんぷんである。 閑話休題。

*昨夜よりのあめ葬送の昼もなほやまず銚子の潮の香ひそめ

この歌は『雨を見上げる』に載るものだが、青柳猛氏のことを詠んでいる。青柳氏とは私にも思い出がある。
どこの全国大会であったか、班別歌会の司会を仰せつかったことがあり、その中に青柳氏が居られ、たしか「ら抜き」の乱用を言われ、言語学者の金田一春彦が「許容」するような発言をしているのはケシカランと激しく攻撃した発言をされた。私が「金田一さんは寛容ですからね」と言ったら、私も激しく攻撃されたのを覚えている。
言語というものは絶えず揺れ動いているもので、概して言語学者などは寛容である。「ら抜き」言葉にも一定の法則性があり、将来、正当と認められるのは近い、という。私には言語学者の友人たちが居り、彼らは皆そういう意見である。 閑話休題。

この二冊の本には父親の体調不良から死に至る歌が縷々詠われている。
特に第七歌集『雨を見上げる』には、父の歌が多い。
*かたはらの椿に蛇が潜めると確かにゐると父の指さす
*二、三日前より目白来てゐると父の指さすさざん花の方
*飲み方を忘れし父か生きむためコップ一杯の水に身構ふ
*身を起こしこころゆくまで脚を掻きひとしごとせりと言ひたりけふは
*指折りてなにかぞへゐる父ならむポータブルトイレにまたがれるまま
*ふたたびを点滴につなぐいのちなり「かあさんは」とは妻呼ぶことば
*いくたびも娘に子なきを嘆きしかどこにもをらぬ孫の名をいふ
引きだしたらきりがない。項目名「青葉ほととぎす」「たなばた」「脱ぎうるならば」「潮騒」「とんちんかん」「夢、うつつ」「手ぶくろ」「二月三月」など、ずっと病む父の看取りの歌である。
*柿好きの父に食ませむ三月はイスラエルの柿シャロンフルーツ
*七十九歳になりたる母の髪に触れ「おめでたう」いふ父の指さき
*血圧の高きに怯ゆる母が越え熱に苦しむ父の越えし二月
*一月の八日未明を一期とし帰れる天の星のまたたき
*呼気のにほひ変はりたりしは三日前その父を置きわが訪はざりき
*肯ひつ否みつ父に来るはずの死を待ち迎へし新年なるも
*梅一枝たづさへし日を境としこの世の父に逢ふことのなき

『雨を見上げる』の巻末近くに「十月の想念」─香川進先生の十三回忌に寄せて、という項目がある。
*たまたまのめぐりあはせもえにしにて地中海わが漕ぎわたる海
*ゆづらざるわがもの言ひにウィスキーダブルを手にしはだかりもせり
*かはしたる約束ならね「地中海」編集しばし吾が預かるも

身内のこと、「族うから」のことを全く詠わない人も多いが、久我さんは、ここに見てきたように多くの族の歌を、特に「父」の歌を詠まれた。
人が死んで、偲んで詠む歌は感動が薄い。同時進行で、現在形で読まれる歌は勁い。本人にとっても、生涯の記念となる。だから私なども、どんどん詠む主義である。
掲出した図版で読み取れるが、本の「帯文」は出版社が知恵をしぼって書きだしたもので、編集の意図が凝縮して出ている。
改めて、眺めてもらいたい。
ご恵贈に感謝して、不十分ながら鑑賞を終わりたい。 有難うございました。   (完)






コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.