K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
佐伯泰英『虎の尾を踏む』―新・古着屋総兵衛 第十三巻―・・・・・・・・・木村草弥
佐伯_NEW

──新・読書ノート──

     佐伯泰英『虎の尾を踏む』―新・古着屋総兵衛 第十三巻―・・・・・・・・・木村草弥
              ・・・・・新潮文庫2016/12/01刊・・・・・・・・

        拉致された九条文女の行方は杳として知れず、焦る総兵衛は意を決し、江戸城への潜入を試みる。
        また、北郷陰吉らの探索によって、異国の仮面兵と老中牧野忠精の関係がみえてきた。
        文女救出劇は老中牧野との全面対決に発展。
        ついにイマサカ号とマードレ・デ・デウス号が駿河湾で激突する。
        敵船甲板上、女首領が構えた銃口は総兵衛一人に狙いを定めていた。


お馴染みの私の愛読書の新シリーズである。
ぜひお読みいただきたい。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.